父の日に語る。釈由美子の親子エピソード。亡き父との行き違い仲直り

6月18日「父の日」に釈由美子が近年他界した父親とのエピソードを語りました。

その内容を聞くと、彼女の芸能界人生も山あり谷ありだったことが、、、


スポンサーリンク

釈由美子と父の対立

6月18日、「父の日」ということもあり近年に父親が他界した有名人女性が親子エピソードを語りました。

今回、父親とのエピソードを明かしてくれたのは女優の釈由美子さん(39)

芸能界に入るときから父の謙司さん(享年66)との対立や仲直りしてからのお話をしてくれました。

断固反対、反対されていた芸能界入り

s

20代の頃から芸能界で活躍していた釈由美子ですが、芸能界入りを果たしたのは大学の在学中。当時は父の謙司さんにかなり反対をされていたそうですが、それを振り切って芸能界へ。

良くも悪くも20代から仕事が順調だった自分の事を「生意気な娘」と感じられていたのではと語りました。

そんな順調だった娘とは裏腹に、古物商を営み東北地方を中心に回っていた謙司さんの業績はどんどん悪くっている状態だったそうで、釈由美子さんは当時の出来事をこう語りました。

「私がどんどん忙しくなっていくのと反比例するかのように、父の事業が傾いていったのです。父が抱えた借金を私が返済するようになり、当時の私の収入はほとんど父の借金に充てられました。ゴールのない返済に私は父に対して堪忍袋の緒が切れて『釈家から籍を抜く!』と宣言したこともありました」



確かに、父親の借金を肩代わりする負担とストレスは相当なものでしょうが、娘に頼るしかない状況になってしまった父親の気持ちもいたたまれないですよね、、、

そして東日本大震災がキッカケで古物商を畳みざるを得なくなってしまった謙司さんは、ふさぎがちになり、家から一歩も出なくなってしまったのだとか。


スポンサーリンク

温泉付きの家をプレゼント

ひきこもりになってしまった父親を心配したのか、今までの感謝の気持ちを伝えようとしたのか、釈さんは箱根に温泉付きの家を購入し両親にプレゼント、、、

釈由美子の財力を思い知らされる逸話ですよね、笑

元々登山が好きだった謙司さんは自然に溢れた環境に移ると次第に元気を取り戻し、登山も再開し段々本調子を取り戻したそうです。

父と娘を繋ぐ番組起用

偶然か運命か、その頃彼女がMCを務めることになった番組が自然紀行番組『実践!にっぽん百名山』。

今まで娘の芸能活動には全く興味のなかった謙司さんもその番組は喜んで見ていたことを語ってくれました。

その番組がキッカケで父に見てもらえることを嬉しく思った釈さんは

「山のことをもっと知りたいから、どこかに連れていって」

と謙司さんに頼み、石川県の白山で山デビューを果たしたそうです!笑

山頂にだ取り付いたときの二人のやり取りをこう語りました。

「2,000メートル級で、とても大変だったのですが、山頂に到着したときに、『気持ちいいねえ』と、父を見たら、『そうだろう?』と得意げで(笑)。父のそんな生き生きしたよい表情は初めてでした」

自分が好きなことを娘に理解してもらえたことを考えると、父親としてはかなり嬉しいですよね!

元気な父親の姿を見ることができた娘も同じ気持ちでしょう!

それ以来、謙司さんと登山をする機会も増え、どんどん親子のわだかまりも解けていったそうです。

その後、謙司さんは体調を崩し永眠してしまったそうですが、父と一緒に登れなかった山々を登り続けている釈由美子さんは、時々「急ぐとバテるから、ゆっくり歩け」という声が聞えるのだとか。

山が亡き父と交流できる大切な場所で有ることを語りました。

世間を騒がせた親子の話はこちら
高畑淳子の現在の姿はやせ細り…6月開始の連ドラ決まるも大批判…


スポンサーリンク