5歳でママになったリナ・メディナ。史上最年少出産、赤ちゃんの父親は?

海外ニュース


リナ・メディナ5歳で出産した史上最年少のママとして知られています。 8カ月で初潮、4歳で乳房が成長…第二次性徴が通常よりも早く起こったことが要因とはいえ、母体の安全性や赤ちゃんの父親など多くの疑問が残っています。

5歳でママに世界最年少で出産した女性、リナ・メディナ

現在85才(2018年現在)のこのペルー人のおばあちゃんを知っていますか?

名前はリナ・メディナ、実は彼女は世界最年少出産の記録を持つ女性なのです。

@fcsuasd)さんの投稿

2006年に放送された志田未来主演のドラマ『14才の母』のテーマとなったのは「未成年の妊娠と出産」で、日本でも低年齢での妊娠・出産は大きな社会問題になったことも。

身体への負担もあり推奨されるものではないですが、10代の女の子による出産は一度は耳にしたこともあるでしょう。

しかしそれよりも幼く、幼稚園に通う年齢の女児が子どもを産んでいたケースがあったというのです。

そしてその記録は今も覆されていないという…。

5歳7ヶ月で世界最年少出産した少女がヤバすぎる(画像あり)

1939年5月14日、リナ・メディナは5才7ヶ月でママに!

リナ・メディナは、1933年にペルーのアンデス地方の貧しい家庭に生まれ、人形遊びが大好きなごく普通の女の子だったそう。

しかし、ある日を境に彼女の人生は急展開します。

リナは5才になった頃、腹痛を訴え始めます。そして、腹部が膨らんでいることに気付いた母親は、リナを急いで病院に連れて行きました。

当初医師は「腫瘍」が出来ていると診断しましたが、その後の検査で衝撃的な事実が判明しました。

なんと!!リナは妊娠8ヶ月にさしかかっていました

妊娠8ヶ月というと一般的には 妊娠後期と呼ばれる時期です。

心臓や肺などの内臓器官はほぼ完成し、体つきは徐々に丸みを帯びてきます。

7ヶ月の頃には「これが胎動?」と確信を持てなかったママも、28週になるとはっきりと赤ちゃんの動きを体感できるでしょう。

引用元:ベビカム

主治医となったジェラルド・ロザーダ医師は、リナを首都リマの病院へ緊急搬送、24時間体制で彼女を看護することに。

それから数週間後の5月14日、リナは帝王切開で体重2.7kgの元気な男の子を出産しました

@women.ofhistory)さんの投稿

帝王切開になったのは 、骨盤が小さすぎて通常の分娩が不可能だったためとされています。

医学史上、世界一若い母親が誕生したのです。

生まれた赤ちゃんは2,700gというごく標準的な男の子で、分娩に携わった医師に敬意を表しジェラルドと名付けられました。

リナ・メディナの赤ちゃん、父親は一体誰・・・?


1 2 3