5歳7ヶ月で世界最年少出産した少女がヤバすぎる(画像あり)

0622_2

5歳7ヶ月21日という

世界最年少で子供を出産したリナ・メディナさん。

今回は世界最年少出産の実態を紹介します。


スポンサーリンク



世界最年少で出産した女の子

南米・ペルーで

1933年9月27日に生まれたリナ・メディナちゃん

彼女はなんと幼稚園に通う年齢の時に出産をしました。

 

リナ・メディナちゃんは

人形遊びが好きな普通の女の子だったといわれています。

 

5歳の時お腹が大きくなったために

病院で診察を受けたところ、妊娠7か月と判明。

 

1か月半後の1939年5月14日に

帝王切開で男児を出産。

 

妊娠当時の写真がこちら

mig

 

産まれた男児は2700gの標準的な赤ちゃんで

名前はロザーダ医師に因んで

ヘラルドと名付けられました

 

リナちゃんとヘラルドの出産後の経過は良好

その後数日で退院したといいます。

 

ヘラルドは10歳の時に知らされるまで

リナちゃんを自分の姉だと思っていたそうです。

 

0623_n1

 

ヘラルドは40歳で死去

ヘラルドは40歳の時に骨髄の病気で亡くなっています。

 

一方、リナちゃんは結婚して

1972年に33年ぶりに2人目の男の子を出産。

82歳となった現在もご存命です。

 

誰がヘラルドの父親?

リナちゃんの父親が疑われて逮捕されていますが

証拠不十分で釈放されているそうです。

 

5歳の幼い女の子が妊娠したとなると、

レイプをされてしまったというのが妥当でありますが、

リナちゃんはこの事件について

決して語ろうとはしなかったそうです。

 

この逮捕に関して

リナちゃんの父親が近親相姦を犯したのではないかと

通報したのはロザーダ医師ではないか

とも言われているようです。

 

低年齢出産の事例は確かに存在する

当時の医師の報告では

リナちゃんは8か月で初経を迎えており

妊娠後骨盤が広がるなど骨格的な成長も見られたとのこと。

 

まるで作り話のようですが

多くの医師が胎児のX線写真などを根拠に

事実であることを確認されています。

 

低年齢出産では

父親9歳、母親8歳という中国の事例や

6歳の少女が出産(死産)したソビエトの事例があり、

非常にまれではあるものの存在します。

 

低年齢出産は日本でもある?

日本では8歳で妊娠したという例があるそうです。

しかし、出産したのかどうかは不明です。

 

また、

12歳くらいで出産を経験した子供もいますが

日本では正式には明かされていないのが現状です。

 

なぜなら

12歳という思春期真っただ中の若さで

妊娠をするということが日本社会の中では珍しく

異端だと思われがちだからと言われています。

 

ネットの反応

・戦前のスラムの話だしなぁ

 

・10歳くらいならわかるが5歳はちょっとね

 

・ヘラルドくんよく生まれてきたよなぁ

 

・特殊な事例はたまに起きるもんだ 

 

日本でも性の早熟について取り沙汰されていますが

年齢が低いと帝王切開などのリスクがありますので

性教育をしっかりとすべきですね。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 経験人数3桁のビッチ小学生の現在。中3になった今の姿が衝撃だった。

 

⇒ 中国の学生妊娠が急増…高校までに6度の妊娠中絶の少女が話題に