出産後にお腹が膨らみ命の危機に。その理由がとんでもなかった…

出産の際、医師に帝王切開

勧められたら頷きますよね。

しかし、そのために命の危機にされされたのです。

一体どういうことでしょうか?


スポンサーリンク



無事に男の子を出産

ロシアにいる、

ユリア・セリーナさん34歳のお話です。

 

彼女が2人目の子供を妊娠したことがわかると

家族は大喜びしたそうです。

1505

 

ユリアさんはは自然分娩を希望していました。

しかし胎児の頭の向きがあまり良くなかったため、

帝王切開を勧めた医師に従ったのです。

 

妊娠から9か月、

無事に男の子、ディマくんを出産しました。

 

yuria_002

 

恐怖はこの後に起きたのです。

 

お腹の中に信じられないものが…

出産後、数日たっても

ユリアさんの具合は良くなりませんでした。

 

それどころか悪くなる一方です。

 

お腹が妊娠9か月の時より膨れていた

少し動くだけでも激痛が走って、

立ち上がることもできなかった。

あまりにも痛くて、叫びたかった。

 

そう話しています。

 

yuria_003

 

出産後に普通、このような症状はないですよね。

 

その後、ユリアさんの容体は

さらに悪化してしまいます。

 

しかし医師たちは帝王切開後の通常の反応だと

いうばかりで、ユリアさんの訴えを

聞き入れることはありませんでした。

 

激しい痛みにもがき苦しむユリアさんは、

やがて発熱し、徐々に体力も失っていきました。

 

このままでは子どもたちの世話もできない。

このまま側にいてあげることだって

できなくなってしまったら…

 

そう恐怖と心配でいっぱいだったそうです。

夜も眠れないほどだったと言います。

 

そして出産から24日、

危機を感じたユリアさんはある決断をします。

 

誰も助けてくれないのなら、

自分でどうにかするしかない。

この病院の医師たちがどうにかしてくれるのを

待っていたら、死んでしまうと思った。

子どもたちが母親を亡くしてしまうかもしれないと思った。

 

ユリアさんは、

別の病院への搬送を希望したのです。

 

搬送先の病院に到着後、すぐに検査が行なわれました。

そしてユリアさんの腹部に、

大量の液体と大きな異物が発見されたのです。

 

yuria_004

 

緊急手術が行われ、5時間の手術で

ユリアさんの子宮から取り出されたものは

2.5リットルの膿となんと、手術用シーツだったのです。

 

帝王切開で息子が取り出された時、

大きなシーツが体内に取り残されていました。

 

1509

 

信じがたい出来事ですよね。

あまりに驚いた医師たちは、証拠写真にもなると

取り出したシーツの写真を撮っていたそうです。

 

手術が終わった後、その写真を見て

ユリアさんは驚愕し、そして

自分の下した決断は正しかったと確信したと言います。

 

信用して命を預けたはずの病院、

そして医師たちの無責任さ

怒りがこみ上げてきたそうです。

 

当たり前ですよね。

 

あれだけ大きなものを忘れることも

信じられないですし、

その後ユリアさんの訴えも

聞いてくれなかったわけです。

 

しかしこのとんでもない状況にもかかわらず、

ユリアさんは医師たちを許したいと考えていました。

 

「今でも許したいと思っている。

でも家族が私を永遠に失っていたかもしれない。

そう考えると複雑。

一番正しい方法で解決したい」

 

現在は弁護士を雇い、

医療ミスを行なった病院相手に訴訟を起こす

準備を整えているところのようです。

 

家族の願いは、

他の女性に2度と同じことが起こらないこと。

 

ユリアさんにとって一番大切なのは、

自分が生きていること、

そして子どもたちが健康で幸せなことだといいます。

 

1501

彼女の身に起こった信じられない医療事故。

病院側には怒りを感じずにはいられません。

 

しかも、もし彼女が病院を

移るという決断をしてなかったら…

最悪の結果になっていたかもしれません。

 

本当に助かってよかったと思います。

 

ネットの反応

・これは、医療ミスだ!

・再発防止を考えないといけない。

・なんてこと!オーマイゴッ!

・ありえないことが、起こったんだ!


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 5歳7ヶ月で世界最年少出産した少女がヤバすぎる(画像あり)

 

⇒ 待望の妊娠をした女性。出産時、医師は驚き叫んだ!それはまさに奇跡の出産だった