コンビニにタバコがない!?「買い方ワカリマセン」外国人に不評

未分類


「コンビニにタバコが置いてない」喫煙者にとっては死活問題とも言える事態が発生しています。また外国人旅行客がタバコの買い方がわからず、タバコ自動販売機の前で右往左往する場面も。コンビニでのタバコのスマートな買い方も合わせて伝授します。

コンビニからタバコが消えた!?

「コンビニにタバコが置いてない!?」と喫煙者から悲痛な声が届いています。

健康ブームの波に乗り、世間は禁煙・分煙ブームです。

喫煙者はただでさえ肩身の狭い思いをしている中、追い討ちをかける事態に発展しています。

というのも、一部のコンビニ、ドラッグストアチェーン、スーパーでは、タバコの販売をやめるところが出ているのです。

2016年、静岡県を中心に約33店を展開するスーパーである静鉄ストアでも、全店でタバコの自動販売機を撤去を決断しました。

「安心・安全・健康・美味しい・楽しい」を企業理念としているため、「健康をモットーに掲げる会社として、健康に害を及ぼすたばこは販売すべきではないと判断した」とのこと。

「コンビニでタバコが買えない…」愛煙家にとってはまさに死活問題と言えるでしょう。

タバコは「自販機で買えばいい」の落とし穴

現在日本ではタバコは、専門店のほかコンビニ、ドラッグストアチェーン、スーパーコンビニ、そして自動販売機で購入することができます。

コンビニ等でタバコを購入する際はレジの成人識別ボタンを押す、もしくは20歳以上を証明する身分証明書の提示が義務付けられていますが、自動販売機を利用する際必要となるのが成人識別カード「taspo(タスポ)」カードです。

taspo(タスポ)カードは、

社団法人日本たばこ協会 (TIOJ) 、全国たばこ販売協同組合連合会(全協)及び日本自動販売機工業会 (JVMA) が開発し、2008年3月から順次日本全国に導入されている、成人識別ICカードの名称、及び同カードを使用したシステムの総称

引用元:Wikipedia

で、未成年者の喫煙防止の強化を目的としてスタートした施策の一つです。

闇売買やインターネットオークションサイトへの出品の抑止するため、タスポカードは偽造や変造が難しい作りになっています。

外国人旅行客、唖然「タバコの買い方がわからない…」


1 2 3