コンビニにタバコがない!?「買い方ワカリマセン」外国人に不評

未分類


コンビニなど小売店でたばこの取り扱いを控える動きが出ているとはいえ、まだまだ多くのコンビニでは店舗の前面などに灰皿を用意しており、さながら“簡易喫煙所”となっています。

コンビニこそが、喫煙者の「受け皿」となっているのです。

コンビニでのたばこ販売動向はどうなっているのでしょうか。

例えばファミリーマートと統合する前のサークルKサンクスでは、販売物品の中でタバコに対する依存度が高く30%を超えていたほど。

今でもコンビニチェーンの全売上高の20~30%程度はタバコです。

自動販売機でタスポカードが義務付けられて以降、コンビニでのたばこ販売比率は上昇しています。

それとタバコには「ついで買い」という副産物も。

たばこを買いに来たお客さんは、タバコだけ買って帰るということは少なく、ついでに缶コーヒーやガムなどを買っていく「ついで買い」がコンビニ業界の定説となっています。

受動喫煙など問題視される面もありますが、コンビニとしては「顧客ニーズがある以上、売る」ということでしょう。

タバコは軽くて場所を取らないメリットがあることも、コンビニがたばこ販売を続ける一因となっています。

コンビニのタバコの賢い買い方

非喫煙者がコンビニでバイトするときの悩みの1つが、「タバコの銘柄がわからない。」というのはよくある話です。

反対に喫煙者の立場からは、店員がタバコの銘柄を把握していないと探すのに時間がかかってイライラすることもあるでしょう。

そのため、お互いWinWinの関係を保つことができる買い方を伝授します。

それは、「タバコの空箱を持って行く

タバコの銘柄や種類が分からなくてもパッケージを持って行く事で絶対に分かります。

ただ同じものを探すだけなので間違えることもありません。

また、女性は銘柄をコロコロ変える人も多いですが、男性は長年同じ銘柄を愛用している方も多いのではないでしょうか?

常連客になると店員から何も言わなくてもすっと差し出されるなんてことも。それこそが一番スマートな買い方かもしれませんね。

まとめ

日本は飲食店や屋内でも喫煙可のところも多く、”喫煙者のパラダイス”といえる環境です。

そんな日本でも禁煙化運動が活発化しており、「コンビニにタバコが置いてない」という喫煙者にとっては非常事態が発生しています。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、今後はさらに受動喫煙の防止化 運動も推進されていくことでしょう。

あなたの街のコンビニでも、タバコの販売の是非が問われる局面がやって来ることは必至です。

外国人旅行客がタバコの買い方がわからず、タバコ自動販売機の前で右往左往する場面に遭遇すればおもてなし精神で助けてあげましょう。


1 2 3