薬剤師が語った一般には絶対に出回らないタバコのメリット6選

薬剤師が語った一般には出回らない

タバコのメリット6つをまとめました。


スポンサーリンク



タバコにも良い効果があります。

タバコを吸う人は、

ここ最近は、肩身の狭い思いをしています。

 

どこへ行っても喫煙ブースで吸う必要があります。

 

社会の害悪とされそうな喫煙ですが、

メリットがあることを薬剤師さんが事実を語りました。

 

一般には決して出回らないことです。

6つ挙げています。

 

タバコのメリット6選

メリット1:術後嘔吐の抑制

手術で全身麻酔した後、

目が冷めてからゲロ吐きまくる確率が下がります。

一番ハイリスク群は女性の非喫煙者。

 

メリット2:偏頭痛を緩和する

普通に吸いすぎると、頭が余計に痛みますが、

海外では、頭痛薬として処方される事がありました。

 

メリット3:食欲抑制効果

これは、経験者には分かることですね。

 

過食が抑制されることにより適正体重に戻ったり

食い過ぎが原因の人は逆流性食道炎が治ったり

ニキビの原因が糖分の過剰摂取人は肌が綺麗になります。

 

メリット4:花粉症症状の緩和

禁煙したとたんに花粉症の症状が出る人がいるそうです。

発症予防と、症状の抑制両方効果あるようです。

 

メリット5:やる気が出ます

ニコチンは、アドレナリン分泌を促進します。

集中力が増します。

 

ニコチン切れのストレスが解消されるだけ

リラックスできると同時に

次の一本までのストレスも生んでいます。

 

メリット6:コミュニケーションツール

飲み会だと、縦の関係が出てしまいがちですが、

喫煙所は友達になれる貴重な出会いの場とも言えます。

 

喫煙のメリットとデメリット。

どちらを取るかはご本人次第。

最近の嫌煙ブームとか、

酒差し置いてタバコばっか値上げで可哀想だなと思います。

 

百害あって一利なしと言われた時に

「いや一利なしではねーよ」と反論するための

話のネタにでも使ってもらえれば幸いです。

ネットの反応

・喫煙にメリットがあるとは・・・薬剤師さん、ありがと。

・メリットとデメリット、両方あるからな。

・タバコ吸うにも気を遣うよ、こんな良いこともあるのにね。

・吸いすぎないようにして、タバコを吸うよ。

 

喫煙にもメリットとデメリットがあります。

それを弁えた上で、

周辺の迷惑にならないようにタバコを吸ってください。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ タバコが健康に悪いというのはデマ?研究開発費を得るための金儲けだった!