長野県の限界集落で蔓延する大麻コミュニティーの実態。

08-30

22人もの男女が大麻を所持していたとして

集団逮捕されるという異例の事件が発覚しました。

今回は限界集落で蔓延する

大麻コミュニティーの実態を紹介します。


スポンサーリンク

限界集落で起きた大麻集団逮捕

長野県大町市と池田町の限界集落に住んでいた

27歳~64歳の男女22人

大麻を隠し持っていたとして集団逮捕されるという

衝撃の事件が起きました。

 

限界集落とは

人が集まって居住している状態を「集落」と呼び、

何かあれば皆で協力する共同体です。

 

必然的に近所関係が密接で、

同族が集まって始まった集落もあります。

 

限界集落とは、

これらの小規模な集落が少子高齢化と同時に過疎化し、

労働力や生活の維持管理能力を失っていくことで、

共同体としての機能が限界に達している状態の集落

もしくは将来その状態が予測される集落を意味します。

 

限界集落で大麻コミュニティー

大麻を使用したい人同士が集まった

大麻コミュニティーがあります。

 

この大麻コミュニティーでは

特に人目に触れにくい山奥の集落で乱用していたようです。

 

限界集落の周辺で

音楽イベントを主催するなどしながら

大麻を栽培し、乱用していました。

 

今回、限界集落に捜査の手が及んだのは

短期間に大人数の移住者が登録をしたため

不審に思ったからだと思われます。

 

どの程度の期間で人が集まったかは不明ですが

8キロもの大麻を所持していたので

それほど大規模な計画をして

大麻に入り浸っていたのでしょう。


スポンサーリンク

逮捕されたのは荒田裕ら22人

今回、逮捕された22人の中で

名前があげられているのは以下の3名。

 

後藤聡(46)

荒田裕(48)

荒田久子(36)

 

この3名を合わせて22名が一斉に逮捕され、

16人が容疑を認めている。

 

荒田容疑者らはそれぞれの自宅で

乾燥大麻を所持していたなどの疑いが持たれています。

 

麻薬取締部は荒田容疑者らの関係先を一斉に捜索し、

乾燥大麻約8キロや大麻草7本などを押収しました。

 

荒田容疑者らは全国各地から長野県内に移り住み、

音楽イベントなどを開いて

栽培した大麻を使っていたとみられます。

 

ネットでの反応

・限界集落に移住して偽ヒッピーな生活送ろうと

思っているヤツいるだろうなと思っていたが、

やはり実在した

 

・一網打尽。限界集落は防犯上も問題ありですね。

 

・山奥の限界集落で男女が住み着いて

コミュニティー形成とかなんともいえず怪しい・・・

 

・限界集落で暮らす老夫婦 限界LOVERS

 

・大町と池田町って本物の限界集落やないか


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 高樹沙耶が大麻所持で逮捕。大麻女優の衝撃の事実が明らかに