高橋一生の鼻の傷の謎!がんの手術痕か粉瘤か!彼女の仕業という説も


人気俳優・高橋一生の鼻には目立つ傷があり、がんの手術痕ではとの噂です。また、がんの手術痕ではなく、彼女にやられたのではという話も…。高橋一生の鼻の傷はいったいなぜついたのでしょう?その真相に迫ってみました!

高橋一生の鼻の傷はがん?それとも彼女のせい?

『シンゴジラ』や『カルテット』、『おんな城主 直虎』、話題のドラマや映画に引っ張りだこの俳優・高橋一生。そんな高橋一生の鼻に、けっこう目立つ傷があるってご存知でしたか?

高橋一生の鼻の傷が分かりやすい画像がこちら。

高橋一生 がん

via google imghp

映像で見ていると気がつきにくいですが、こうやって画像で見ると確かに鼻にとても大きな傷がついていますよね。この傷がどうしてついたのかいろんな憶測が飛び交っていて、がんの手術痕彼女にやられた傷では?なんて言われていました。

実はこの傷の正体を高橋一生自身が語っているのですが、それについて紹介する前に、まずは高橋一生のプロフィールを見てみたいと思います。

元野球選手・新庄剛志、美容整形をテレビでカミングアウト!

鼻の傷はがんの手術痕?と噂の高橋一生のプロフィール

高橋一生の芸歴は意外と長く、1990年にデビューしています。デビュー作は北野武監督の『ほしをつぐもの』で、この時高橋一生はまだ10歳でした。

高橋一生 がん

名前:高橋一生(たかはし いっせい)

出身地:東京都港区

生年月日:1980年12月9日

血液型:O型

身長:175cm

1995年には、ジブリの『耳をすませば』でヒロインの相手役である天沢聖司の声を担当。

高橋一生 がん

via google imghp

その後も芸能界で活動を続けていましたが、ブレイクしたのはかなり時間が経ってからでした。高橋一生の人気に火がついたのは、2015年のドラマ『民王』でのこと。

それからは『シン・ゴジラ』や『カルテット』、NHKの朝の連続テレビ小説や大河、森永乳業『MOW』のCMなどに出演し、その色気のあるイケメンぶりで、特に女性から圧倒的な支持を集めています。

「崖の上のポニョ」の都市伝説!?裏設定を知るとみえ方が変わる…

高橋一生の鼻の傷はがんではなくて粉瘤!

高橋一生の鼻の傷、どうやらがんではなくて「粉瘤(ふんりゅう)」と呼ばれるものを除去した痕のようです。このことは高橋一生本人が語っていることなので間違いなさそうです。

でも粉瘤ってそもそも一体なんなんでしょう?「皮膚科Q&A」のサイトから抜粋すると、

皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称

出典:皮膚科Q&A(https://www.dermatol.or.jp/qa/qa17/)

だそうです。良性の腫瘍で、がんとは異なり命に別条はないようですね。

体質によってできやすい・できにくいがあるようで、いつの間にか大きくなっていることもあるとか。自然には消えないため、消したい場合は手術が必要となります。

高橋一生の手術前の画像を見つけたので、ご覧ください。

高橋一生 がん

via google imghp

亀梨和也主演『1ポンドの福音』(2008)に出演した際の高橋一生です。少し分かりにくいですが、鼻にぽつっとできものがあるのが見えます。このできものが粉瘤で、これを切除したために現在の高橋一生の鼻には傷があるということですね。

がんではなかった!高橋一生が粉瘤を切除した経緯

子役時代からテレビに出ている高橋一生は、いったいいつ手術をしたのでしょう…?

高橋一生は、2008年頃の終わり頃から1年間ほど仕事を休んでいるため、この時に粉瘤を切除する手術をしたのではと言われています。

高橋一生 がん

via google imghp

実際、2008年に放送された『1ポンドの福音』の時にあったできものが、仕事を復帰した後に無くなっているので、この時期に手術を受けたと考えてほぼ間違い無いでしょう。

手術で傷痕が残る可能性があることは医師から事前に聞かされており、高橋一生はかなり悩んだようですが、それでも決心して手術に挑んだそうです。顔が重要な俳優という職業で、手術をして実際に傷痕が残ってしまった高橋一生ですが、その後見事ブレイクを果たしたのは本当によかったですね。

高橋一生の鼻の傷は彼女の仕業という噂について

女性に大人気の高橋一生の鼻の傷は、粉瘤を切除した手術痕であることが分かりました。彼女から傷をつけられたのでは?という噂はデマでしたが、高橋一生の彼女っていったい誰なのか気になりませんか。

そこで最後に、これまで高橋一生が過去に噂になった女性をご紹介したいと思います。

高橋一生の元カノ①尾野真千子

高橋一生が粉瘤を切除した後の2011年のドラマ『名前をなくした女神』で、夫婦役を演じて急接近した高橋一生と尾野真千子。お互いのツイッターで同じ日に同じチーズトマト鍋の画像をアップしたことで交際が噂されるようになりました。

高橋一生 がん

via google imghp

一時は同棲をしていたと言われる2人ですが、尾野真千子とほっしゃんの熱愛がスクープされたことで破局してしまったようです。

高橋一生の元カノ②田中麗奈

田中麗奈とは、2013年10月の『フライデー』で熱愛が報じられました。同年4月に共演したドラマ『激流〜私を憶えていますか〜』をきっかけに出会った2人は、手つなぎデートを楽しむ様子を写真に収められています。

高橋一生 がん

via google imghp

半同棲状態だったようですが、その後破局。田中麗奈は2015年7月から新たに交際を始めた一般人男性と、2016年2月に結婚しました。

そのほかにも、一般人女性や多部未華子と交際の噂がありました。高橋一生はプライベートでもモテるようです。

【まとめ】

以上、高橋一生の鼻の傷の正体について検証してきました。がんの手術痕や彼女につけられた傷ではなく、粉瘤の手術痕でしたね!

顔に傷がつくかもしれないということで、高橋一生はその後の俳優の仕事がどうなるか心配だったようですが、その心配もなんのそので手術後はより人気者となっています。

高橋一生の今後の活躍も楽しみですね!