貴乃花の息子が父の敵の娘と結婚!?日馬富士暴行事件の真相も


2017年10月突然の結婚を発表した貴乃花の息子・花田優一。その相手がなんと父・貴乃花の敵にあたる「陣幕親方の娘」という噂が浮上しています。本当のところはどうなのか?日馬富士暴行事件、貴乃花はどう関わっているのか?、真相についてご紹介します。

貴乃花の息子・花田優一は22歳で電撃結婚!!

貴乃花の息子・花田優一は、1995年9月27日生まれなので、今年で22歳になったばかりです。そんな花田優一は貴乃花を父に持つだけあって、今までどれくらいのサラブレッドな生活を歩んできたのか?と思いましたが、実は苦労人でもありました。

via google imghp

貴乃花の息子・花田優一は父の貴乃花同様、相撲の道を進んでいるのか?と思えば、中学卒業後にはアメリカのボストンへ留学、2年半ほどそこで生活し、その後イタリアのフィレンツェに移動、今度はイタリアの靴工房で2年半修行に励みます。つまり、貴乃花の息子・花田優一は中学を卒業した後は、ほとんど家族と暮らしていなかったのです。

via google imghp

イタリアから戻った貴乃花の息子・花田優一は、現在東京の表参道で靴工房を構え、完全オーダーメイドの靴職人をしています。花田優一は、相撲の世界で活躍することを決めた父・貴乃花とは全く違う「靴職人」という道を選んでいたのです。↑の画像をみると、花田優一がどれ程靴を愛して真剣に取り組んでいるかが伝わって来ますよね。

一足2週間くらい製作期間がかかり、15万から20万だそうですw
スニーカー感覚で履けるくらい軽い革靴で他とは違う路線で勝負されています。

貴乃花の息子・花田優一が作る靴は、スニーカーのように軽い革靴だそうです。価格は15万円から20万円とかなりお高い靴ではありますが、スニーカーのように軽い!というのは気になるところです。

貴乃花の息子は結婚を冠番組『花田優一 First Step』で発表

貴乃花の息子・花田優一は、自身の結婚を自分の名前がついた冠番組「花田優一 First Step」で発表しました。気になるお相手は、と聞かれた花田優一は、次のように答えています。

「一般人なので温かく見守っていただければ」

しかし花田優一の奥様はこの言葉のようにただの一般人ではなかったのです。

via google imghp

花田優一の妻の父は、貴乃花の敵・陣幕親方だったのです。

なぜ花田優一の妻の父は貴乃花の敵なのか??

貴乃花の息子・花田優一は↓の画像の人物、陣幕親方の娘と結婚しました。一体この陣幕親方という人物がどんな人なのかというと…陣幕哲也は、八角親方の直属の子分に当たります。

八角親方と貴乃花といえば、2016年貴乃花が立候補した相撲協会の理事長選で、同じ候補者として対決、結果はたった5分弱で、八角親方が勝利しています。この時、貴乃花は惨敗していたのです。

貴乃花の息子・花田優一は、実の父である貴乃花が屈辱を味わった相撲協会の理事長選で、見事勝利した憎き相手・現相撲協会理事・八角理事の子分の娘と結婚していたのです。

2017年11月、日馬富士暴行事件で相撲協会に呼び出された貴乃花は、息子の嫁の父の師匠である八角理事と直接対決し、「今話せることはありません」と口を堅く閉じる姿勢を見せています。その時、八角理事を睨み付ける貴乃花の画像を入手、その画像が↑の写真です。

Twitterのコメントにあるように、この画像はまるでゴットファザーのマフィア会議でタッタリアを睨むドンのようですよね(笑)貴乃花の息子、花田優一は、とんでもない相手と結婚していたのです。ちなみに、息子の結婚について貴乃花はどのようにコメントしているのか?というと、

via google imghp

貴乃花親方に結婚について尋ねたところ、

「結婚は事実ではありません。いずれそうなると思いますが、
温かく見守っていただけると幸いです」というコメントが届いた。

女性セブン2017年5月11・18日号

てっきり「問題があるので…」とか「コメントは控えさせていただきます。」程度のコメントをしているのでは?と思いましたが、貴乃花は息子の結婚を温かく祝福していたのです。これは優しいコメントです!!貴乃花、めちゃくちゃ偉いというか、優しいお父さんですね。

日馬富士暴行事件に関する記事はコチラ

日馬富士暴行事件の真相は?貴乃花や息子との関係はあるの?

2017年11月、モンゴル出身の大相撲の横綱・日馬富士が、貴乃花の相撲弟子にあたる幕内・貴ノ岩を暴行した事件について、貴乃花の実の母・藤田紀子はフジテレビ系「バイキング」に出演し「また起こったかと思いました」と番組内で大胆な内容をコメントしています。

藤田紀子の息子・貴乃花は、この事件を受けて、既に鳥取警察に被害届を提出、相撲協会からのヒアリングでは「分からない」とだけ答えていることに対し、

藤田は「分かっていても言えないということだと思います」と推測した。さらに「届けを出しているから司法にお任せします。今、余計なことをしゃべると両方にとってよくないという判断があったと思います」と息子の判断を思いはかった。

と息子の行動を擁護する発言を見せています。どうやら藤田紀子の話によると、貴乃花が貴ノ岩の休場に伴う診断書を場所が始まる前ではなく、始まった後の2日目に提出していることは、「自分には分からない、何らかの裏の動きがあったと思う」と話しています。

つまり、貴乃花も藤田紀子も横野レイコレポーターも、土俵以外のことは話せない状況があるようです。それだけ相撲協会の裏の力が強いのかもしれません。今後、事件の真相が明らかにされる日が来るかもしれません。その日が楽しみですね。