千葉県酒々井町のバラバラ殺人事件の犯人、竹内愛美の動機がヤバい・・・。【顔写真あり】

千葉県酒々井町で21歳の男性のバラバラに切断された遺体が見つかった事件。

犯人はその男性の姉、竹内愛美容疑者(25歳)ということが分かった。

アルバイト店員の25歳の女性がバラバラ事件の犯人だったということで衝撃が走っている。


スポンサーリンク

竹内愛美の顔写真

竹内愛美(たけうちえみ)容疑者は、今回のバラバラ事件の被害者である竹内諒さんの実の姉である。

竹内愛美は現在25歳でアルバイトをしているようだ。

顔写真が公開されている。

下の写真は中学生だったときのものだそうだ。

ss-10

ss-12

本人は事件に関して、自分がやったと認めており、このような証言をしている。

「間違いない」

「2週間前くらいにそういう行為をした」

竹内愛美容疑者が弟を殺害し、遺体を切断してバラバラにしたことは間違いなさそうである。

25歳の可愛らしい女性がバラバラ事件を起こすとは信じられない。

 

竹内愛美容疑者は、近所にあるスーパーマーケットでアルバイトをしている店員だったようだ。

25歳でスーパーの店員で、21歳の弟と2人だけで暮らしていたという状態だったようだ。

近所の住民からの証言によると、竹内愛美容疑者はスーパーでアルバイトをしているときも、いつもニコニコしていて明るい性格に見えたという。

 

弟の竹内諒さんの遺体の状態

弟の竹内諒さんの遺体は、かなりひどい状態になっていた。

まず、竹内諒さんの同級生から「8月末から連絡が取れない」と通報されており、警察が自宅に捜索に入る。

そして、2階のリビングの隅にポリ袋を発見し、その袋の中には下あごがない頭部と足の一部が発見された。

その他にも部屋の中には、遺体の一部と思われるものが発見されており、バラバラの遺体が2週間も家の中に保管されていたことが分かった。

遺体は弟の竹内諒さんのものだと判定。

そして、姉の竹内愛美容疑者が逮捕されることになり、その後、自供した。

 

竹内愛美の性格や動機

竹内愛美は、スーパーでバイトをしているときは、接客も大変明るくやっており、周囲には明るくてよく笑う性格だと理解されていたようだ。

近所の人にも挨拶をしっかりして社交性のある人物だった。

 

この事件がニュースとして報道されたあと、竹内愛美と竹内諒さんの友達と思われるTwitterユーザーが竹内愛美についてのツイートをしていた。

そのツイートはこちらである。

ss-13

ss-14

ss-15

ss-16

 

どうやら、ゆうせりというユーザーは2人を知る友人だったようだ。

そして、この事件が起き、自身がラインを送っていた竹内諒さんがバラバラにされたことを知ってかなり動揺していた様子。

2人の家にも入ったことがあるようで、その部屋の中の写真も公開していた。

2人は音ゲーと呼ばれる、ゲームセンターでもよくあるリズムゲームにかなりハマっていたようだ。

 

上の写真の中だけでも、音ゲーのゲーム機が4つも確認できる

竹内愛美容疑者は音ゲーマニアだったことが推測できるだろう。

21歳の弟の竹内諒さんとは同居しており、この音ゲーをめぐる喧嘩が動機になった可能性も考えられるかもしれない。

スポンサーリンク

父親の不可解な死も・・・

竹内愛美と竹内諒さんは2階のある一軒家に2人暮らしだった。

両親は離婚し、父親は不可解な死をとげている。

二人暮らしだったために、弟をバラバラの遺体にしてから発見までの2週間、竹内愛美は遺体と一人暮らしをしていたわけだ。

かなりの異常な精神状態である。

そして、父親も不可解な死をしている。

というのは、母親と父親が離婚した後、父親は孤独死をとげ、その後は竹内愛美と竹内諒さんが二人暮らしを始めたのだという。

この父親も殺されたのではないかという推測が立てられている。

 

ネットでの反応

今回の事件に対して、ネットでは大騒ぎとなっていたようだ。

「25歳の姉、、、サイコパスだわ。バラバラの遺体と2週間も暮らしたのか。」

「音ゲーマニアすぎるだろ。機械を4台も持ってるとか・・・。」

「まじか。これ父親も殺されたんじゃね?」

事件の残酷さと、25歳の姉の普通な容姿からは想像もできない残虐性に、世間は騒然としている。