田野岡大和くん無事見つかる。見つかった場所がおかしいと話題に。

tan

28日から行方不明だった田野岡大和くんですが、

北海道鹿部町で3日朝、無事、保護され、目立ったけがはないという。

しかし、見つかった場所がおかしいと話題になっています。



スポンサーリンク



無事、発見

何はともあれ無事でほっとしていますが、

見つかった場所がおかしいと話題になっています。

 

見つかった場所は自衛隊のテントです。

ここに自分から出頭したらしい。

ただ、その周りは散々探しているので突然現れたような感じらしいです。

自衛隊の追跡をかわしながら演習場に入るというのは

何処にどんな嘘があるのか、今だ謎ばかりです。

 

命に別条はない

警察や自衛隊が周辺を探していましたが3日、

隣の鹿部町で付近で演習をしていた自衛隊員が6日ぶりに男の子を発見し、保護しました。

男の子は田野岡大和くん(7)と名乗っているということです。

男の子に目立ったけがはなく、現在、病院に搬送されたということです。

警察は、身元の確認を急ぐとともに行方不明になった経緯などを調べています。

陸上自衛隊によりますと、男の子は、3日午前7時50分ごろ、

北海道鹿部町の駒ヶ岳演習場内で発見されたということです

駒ヶ岳演習場は、男の子の行方が分からなくなった七飯町の山林から、北におよそ7キロ離れているということです。

発見された当時の状況について、自衛隊員は、

「演習場の中にある隊員が寝泊まりする建物で男の子を見つけました。

隊員が『もしかしたらやまとくん?』と声をかけたら

『そうです』と元気に受け答えをしていました」と話しています。

また、男の子の様子については、「おなかがすいているようだったので、

隊員が持っていた水とおにぎりをあげました」と話していました。

これまでの経緯

北斗市の小学2年生、田野岡大和くん(7)は、

先月28日、北海道七飯町の山林で行方が分からなくなりました。

この日、男の子は、鹿部町の公園に家族と一緒にでかけ、川遊びなどを楽みました。

しかし、その帰り道に、両親が「しつけのため」として林道で車から降ろした後、行方が分からなくなりました。

両親は「公園で石を投げるいたずらをしたことへのしつけのつもりで置き去りにした。

直後に戻ったが見つけられなかった」と話していました。

警察や消防、自衛隊などは男の子が置き去りにされた場所を中心に15キロ四方で広範囲に捜索を行いました。

この地域にある空き家や倉庫なども一軒一軒、調べました。

また捜索現場がある七飯町も防災行政無線で情報の提供を呼びかけ、手がかりを捜していました。

 

色々思うところはありますが、何にしても無事でよかったです。

しかし、真相が気になるところではあります。

国民皆が心配していたことですし、真相が明らかになって欲しいです。


スポンサーリンク