【北海道男児置き去り】田野岡大和くんを発見保護した自衛隊員が爆弾発言…凄すぎる

96b1256c-s

無事保護された田野岡大和くん。

この事件では様々な憶測が飛び交っていましたが

無事解決に向かってホッとしています。

しかし、大和くんを発見し保護した自衛隊員から爆弾発言が飛び出しました。。



スポンサーリンク



陸上自衛隊の演習場(北海道鹿部町)で無事保護された小学2年の田野岡大和君(7)を発見した自衛官が3日夜、
取材に応じ、「びっくりした様子だったが、安心した表情もあった」

と発見時の田野岡君の様子を振り返った。

「泣きもせずに受け答えし、意志が強そうな子。

無事に発見できてよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

no title

no title

no title

no title

田野岡君を発見した陸自函館駐屯地(函館市)所属の掛川勇一陸曹長(52)は、

他の隊員2人と共に同日朝、ミーティングを開くため演習場の宿泊施設を訪れた。
ドアを開けると、目の前に驚いた表情の男児が立っており、
「大和君かい」と呼び掛けると大きくうなずいた。

「やつれたように見えたが、しっかり立っていた」という。

no title

 

おにぎりとお茶を差し出すと、田野岡君は立ったまま急いで食べた。
「座ってゆっくり食べたら」と話し掛けると、段差の上に腰掛けて食べ続けたという。
施設に食料はなく、ストーブも使えない。
掛川陸曹長は「6日間は過酷だったと思う。
『よく頑張ったね』と言いたい」と思いやった。
自身にも6歳の息子がいるという陸曹長は、

「早く良くなって、友達と遊べるようになってほしい」と話した。

WS000021

田野岡大和くん(7)は28日、両親と姉の一家4人で北海道鹿部町の公園を訪れ、
川遊びをしたが、大和くんが人や車に石を投げつけたため、両親は帰宅途中の午後5時ごろ、
しつけの意味を込めて七飯町の林道沿いの山林に車から降ろして置き去りにした。
父親は車で数百メートル走った後、
約5分後に歩いて戻ったが、大和くんはいなくなっていた。
北海道北斗市の小学2年生・田野岡大和君(7)no title

父親、田野岡貴之さん(44)no title6月3日陸上自衛隊駒ケ岳演習場の宿泊施設で無事発見no title20160603-00000028-mai-000-2-view

20160603-00000025-asahi-000-2-view

これだけの生命力なら
スカウトしたいと思ってるかもしれません。

これは大物かもね。

tanookayamato-hakken-hokkaido-komagatake-1

おにぎりとお茶を差し出すと、
田野岡君は立ったまま急いで食べた。
「座ってゆっくり食べたら」と話し掛けると、

段差の上に腰掛けて食べ続けたという。

親の躾がなってなさすぎるのか発達障害のガキなのか

「自衛隊に入らないか?」

 

ec73e65b

 

ある意味身体能力とかは高そうだけど、

協調性とか規律を守るとかができなくて無理じゃない?

美談にしすぎじゃないか?

そもそも子どもが他人の車に石を投げたとこから始まっています。

何か子どもをスーパーヒーローみたいに賞賛してるやつらに違和感があります。

 

今回の騒動の原因は親が山菜とりで子供迷ったという嘘のせいで山捜索したせいだろ

どこまで本当のことか信用できんわ

今回のは迷ったというより家出に近かったんじゃないかと思います。
父親が来たと怒られると山に入り見つからないように隠れていたんじゃないかと。

 

凄い違和感ありますよね。
生きていた事は良かったろうけど凄い迷惑な一家だと思います。
親も親ならガキもガキって感じですが、

一週間ひとりで助けられて泣かないのはすごいと思います。


スポンサーリンク