【七飯町7歳男児置き去り行方不明事件】田野岡大和くんを保護!発見直後の様子がたくましすぎると話題に

3日朝に無事保護された田野岡大和くん。

意識もはっきりしており一安心のようです。

しかし、保護された直後の様子がたくましすぎると話題になっています。



スポンサーリンク



発見当時の大和くん
no title

 

3日午前7時50分ごろ、渡島管内鹿部町本別、陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で、

5月28日に同管内七飯町東大沼の山林で行方不明となった

浜分小2年田野岡大和君(7)=北斗市追分4=を発見したと、

演習中の陸上自衛隊員から110番があった。

田野岡君に目立ったけがはなく、

名前を名乗るなど話もできているという。

田野岡君は演習場内の小屋で雨やどりをしていたという。

発見時、食べ物は持っておらず、服装は行方不明時と同じだった。

田野岡君は「土曜の夜に歩いて小屋にたどり着いた。

水は飲んでいた」と説明しているという。

演習場は、行方不明になった七飯町の山林から北東に約6キロの地点だという。

田野岡君が行方不明になったと父親から函館中央署に通報があったのは28日午後5時50分ごろ。

両親が「しつけ」として、車から降ろし、車で500メートル進んで5分後に戻った時には、

田野岡君の姿はなかったという。

捜索には道警と消防、陸上自衛隊など6日間に延べ900人以上が投入されたが発見できず、

2日に合同捜索本部を解散し、態勢は縮小されていた。

no title

20160603-00000028-mai-000-2-view

20160603-00000025-asahi-000-2-view

 

赤い運動靴じゃない。

初めサンダルって言ってて、後で赤い運動靴って証言変えたんだよね?
何か色々としっくりこないです・・・

見つかったのは本当に良かったですが。

 

やまと君(7歳)のスペック

・たった5分~10分で親父を煙に巻き、姿を隠す

・サバイバル5日間のうち、3日間は大雨&雷雨

・気温7度のなか5日間もTシャツ一丁で駒ケ岳山麓を横断

・その間、警察、消防、自衛隊の捜索をもかいくぐる

・置き去り場所から自衛隊駐屯地まで7キロの道のり、なお熊出没注意地点

・7キロの道のりも上り坂下り坂が連続する林道

・鍵の掛かった宿舎の中に勝手に潜入

・宿舎には食料は無いのに余裕で生存

・警察犬の追及をかわし臭いを消す能力

・一週間の孤独の後で平然と受け答えが出来る精神力

・28日から宿舎にいるのに30日には隊員が一応確認に入ってるのに発見されないスキル

・なお寂しがり屋でマッマと寝ないと夜泣きする模様

 

見つかったことは良かったですしホッとしています。

しかし、以前としてしっくりこない事件だと思っている人も多いようです。

真相が判明されよう、追求するべきだと思います。


スポンサーリンク