【小2男児行方不明】田野岡大和くん家族(父親・母親・姉)の近所の評判がヤバすぎる・・・

5606a345-s

「笑顔で人なつっこい子」 

渡島管内七飯町の山林で行方不明になった北斗市の田野岡大和君は、

明るく活発な性格でクラスメートから慕われ、

近所で父親や姉と遊ぶ姿が見られるなど家族の仲の良さも評判だった。

一体どこに?」。

近所の住民や学校関係者らの間に不安と焦りが広がっています。



スポンサーリンク



「仲良い家族」近所で評判

田野岡君が通う北斗市浜分小は30日午前、緊急の全校集会を開いた。
工藤達也校長が行方不明となった経緯などを伝え、
「一刻も早く無事に見つかることを祈りましょう」と呼び掛けた。

児童らは真剣な表情で聞き、動揺した様子はなかったという。

工藤校長は集会後、報道陣の取材に応じ、

田野岡君について「いつも笑顔で人なつっこい子。友人関係も良好だった」と話した。
学校では、父親と北海道日本ハムファイターズの試合を観戦した話を
日記に書いてうれしそうに発表したこともあり、
「大変仲の良い家族だと思った」という。

両親にすごくかわいがられていた」田野岡君は両親、姉と4人暮らし。

父親とキャッチボールをしたり、

姉と遊んだりする姿もよく見られていた。
家族をよく知る女性(38)は
「元気でちょっといたずら好きだけど、両親にすごくかわいがられていた」と振り返る。
田野岡君が行方不明になった現場にはこの日も知人らが訪れ、
安否を気遣った。親戚の男性(74)は「心配でしょうがない。

明日も捜しに来る」と話し、無事を祈った。

no title

田野岡大和くん(7)は28日、両親と姉の一家4人で北海道鹿部町の公園を訪れ、
川遊びをしたが、大和くんが人や車に石を投げつけたため、
両親は帰宅途中の午後5時ごろ、しつけの意味を込めて七飯町の林道沿いの山林に車から降ろして置き去りにした。
父親は車で数百メートル走った後、約5分後に歩いて戻ったが、

大和くんはいなくなっていた。

北海道北斗市の小学2年生・田野岡大和君(7)

no titleno title

父親、田野岡貴之さん(44)

no titleno title

no title

祖母

no title

no title置き去りにされた場所、北海道七飯町の山林

no titleno title

クマの出没の可能性あり
no title
仲の良いと思われていた家族がなぜこのような事件に発展したのでしょうか?
今だ大和くんは見つかっておらず
虐待の疑いがどんどん強まっています。
それでも、ただただ大和くんが無事に見つかることを願ってます。


スポンサーリンク