挿入したら八つ裂きになる「タンポン型レイプ防止用具」が脅威だと話題に!(動画あり)

アダルト 恐怖


2013年にこの製品を初めて知った当時

市販化に伴い『RapeAXe』に名称変更されていた。

「レイプ大国」の悪名を誇る南アフリカで

着想・開発されたこの対レイプ防護器具は、

3年の月日を経て製品の導入に抵抗のあったアメリカに上陸した。

 

悪夢を見たのは暴漢の方だった

ニューヨーカーの18歳の娘の身を案じて祖父が贈ったこの

「女性用防護機構付きコンドーム」が遂に現実に活用され、

その機能を如何なく発揮した。

結果、悪夢のような現実に直面したのは暴漢の方だった。

ミシェルさんによると、暴漢が彼女に挿入したその瞬間、

その器具がたった一撃で男の性器を6枚の刃で切り裂いたのだという。

さらに男が性器を取り出すときにもう一撃お見舞いされ、


1 2 3 4