確定申告とは?会社員学生アルバイトも知らないと高額罰金の可能性大

仕事・ビジネス


毎年年末になると、社会人は「確定申告」「年末調整」といった税金に関する手続きを行うことになります。

しかし確定申告について、よく分かっていない大人がいるのも事実。

そもそも確定申告とは、誰が何のために行うのでしょうか?

個人事業主の方だけでなく、会社員やアルバイト・年金受給者なんかも確定申告をする必要があるケースを、分かりやすくまとめてみました。

確定申告とは?分かりやすく簡単に説明!

「個人と取引する場合、支払調書は必要ですか?個人と取引する場合、支払調書は必要ですか?」のフリー写真素材を拡大

確定申告とは、

所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)の額を計算し、税金を支払うための手続き
出典;クラウド会計ソフト freee

のことです。

所得とは、「1年間(1月1日〜12月31日まで)で得た収入から経費を差し引いた」もの。

そのため人によっては、「確定申告を行うことで、納めすぎた税金(還付金)が戻ってくる」こともあります。

確定申告の期間とは、いつからいつまで?

確定申告を行う期間は、

2月16日から3月15日(土日の場合は翌月曜日)
出典;クラウド会計ソフト freee

まで。

An open calendar with short notes scribbled next to the dates

上記の期間内に、確定申告書と給与所得や公的年金等の源泉徴収書・生命保険料控除証明書などの必要書類を揃えて、税務署に申告&納税をしましょう。

確定申告と「年末調整」の違いとは?

同じく所得税に関する手続きである「年末調整」は、

給与から天引きされている所得税の過不足を計算して調整する手続き
出典;クラウド会計ソフト freee

のこと。

「確定申告書とボールペン確定申告書とボールペン」のフリー写真素材を拡大

年収が103万円を超える多くの社会人は、毎月給料から所得税が引かれていると思います。

しかしその所得税は、あくまでも概算

そのため毎年11月〜12月にかけて「年末調整」を行い、正しい所得税を清算するのです。

「個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?」のフリー写真素材を拡大

そして一般的に12月の給料から、所得税が足りなかった人には追加徴収を行い、払い過ぎていた人には還付します。

確定申告と「住民税の申告」の違いとは?

所得税の手続きである「確定申告」と住民税の申告は、全くの別物です

そもそも確定申告は税務署に申告し、住民税は市町村役場に申告します。

@goleirotaxaccountant)さんの投稿

しかし、

確定申告や年末調整をした場合は、税務署が市町村に申告内容を通知してくれるため、住民税の申告をする必要はありません
出典;会計.com

とのこと。ですが、

  • 副業で20万円以上の所得がある
  • 年末調整を受けていない

などの場合は、住民税の申告が必要となります。

副業で毎月2万円以上稼いでいる会社員→確定申告が必須


1 2