確定申告とは?会社員学生アルバイトも知らないと高額罰金の可能性大

仕事・ビジネス


毎年年末になると、社会人は「確定申告」「年末調整」といった税金に関する手続きを行うことになります。

しかし確定申告について、よく分かっていない大人がいるのも事実。

そもそも確定申告とは、誰が何のために行うのでしょうか?

個人事業主の方だけでなく、会社員やアルバイト・年金受給者なんかも確定申告をする必要があるケースを、分かりやすくまとめてみました。

確定申告とは?分かりやすく簡単に説明!

「個人と取引する場合、支払調書は必要ですか?個人と取引する場合、支払調書は必要ですか?」のフリー写真素材を拡大

確定申告とは、

所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)の額を計算し、税金を支払うための手続き
出典;クラウド会計ソフト freee

のことです。

所得とは、「1年間(1月1日〜12月31日まで)で得た収入から経費を差し引いた」もの。

そのため人によっては、「確定申告を行うことで、納めすぎた税金(還付金)が戻ってくる」こともあります。

確定申告の期間とは、いつからいつまで?

確定申告を行う期間は、

2月16日から3月15日(土日の場合は翌月曜日)
出典;クラウド会計ソフト freee

まで。

An open calendar with short notes scribbled next to the dates

上記の期間内に、確定申告書と給与所得や公的年金等の源泉徴収書・生命保険料控除証明書などの必要書類を揃えて、税務署に申告&納税をしましょう。

確定申告と「年末調整」の違いとは?

同じく所得税に関する手続きである「年末調整」は、

給与から天引きされている所得税の過不足を計算して調整する手続き
出典;クラウド会計ソフト freee

のこと。

「確定申告書とボールペン確定申告書とボールペン」のフリー写真素材を拡大

年収が103万円を超える多くの社会人は、毎月給料から所得税が引かれていると思います。

しかしその所得税は、あくまでも概算

そのため毎年11月〜12月にかけて「年末調整」を行い、正しい所得税を清算するのです。

「個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?」のフリー写真素材を拡大

そして一般的に12月の給料から、所得税が足りなかった人には追加徴収を行い、払い過ぎていた人には還付します。

確定申告と「住民税の申告」の違いとは?

所得税の手続きである「確定申告」と住民税の申告は、全くの別物です

そもそも確定申告は税務署に申告し、住民税は市町村役場に申告します。

@goleirotaxaccountant)さんの投稿

しかし、

確定申告や年末調整をした場合は、税務署が市町村に申告内容を通知してくれるため、住民税の申告をする必要はありません
出典;会計.com

とのこと。ですが、

  • 副業で20万円以上の所得がある
  • 年末調整を受けていない

などの場合は、住民税の申告が必要となります。

副業で毎月2万円以上稼いでいる会社員→確定申告が必須

確定申告は個人事業主の方は、基本必須となります(個人事業が専業で、38万以上の所得がある場合)。

「個人事業主です。取引先に自分のマイナンバーを知らせないといけませんか?個人事業主です。取引先に自分のマイナンバーを知らせないといけませんか?」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

また、

自分は会社員だから確定申告は関係ないや

と思っている方も、要注意

最近はフリマアプリや仮想通貨などが流行ったため、本業以外で所得を得る人が増えてきました。

確定申告は、給与以外で得た利益が年間20万円を超えると、必要になります

「注目されるビットコイン市場注目されるビットコイン市場」のフリー写真素材を拡大

つまり、毎月副業で2万円以上稼いでる人は、確定申告をしなければなりません

月にばらつきがあるものの、毎月給与以外で2万円前後の所得を得ている人は、自分が確定申告が必要か、いま一度確かめてみて下さいね。

確定申告が必要な会社員(サラリーマン)の条件とは?

その他に、確定申告をする必要がある会社員(サラリーマン)とは、

  • 年収が2000万円を超えた
  • 複数の会社から給与をもらっている(かつ、メイン以外の給与が20万円以上)
  • 競馬やパチンコなどのギャンブルで50万円以上の利益を得た
  • ふるさと納税した自治体が6カ所以上ある
  • 年末調整を受けていない
  • 転職後、退職した会社の源泉徴収票を転職先に提出していない
  • 住宅ローン控除を初めて受ける
  • 医療費控除、雑損控除などを受ける

人など。

「確定申告は自分一人でできるのでしょうか?確定申告は自分一人でできるのでしょうか?」のフリー写真素材を拡大

公務員など職業に関わらず、上記の条件に当てはまる人は、確定申告をして下さい。

なお会社を年度途中に退職し、無職となった人は、年末調整が行われていない可能性が大なので確定申告が必要

医療費控除とは、病気や怪我のため病院で治療を受け、医療費が10万円を超えた場合に適用されます(一部例外あり)。

これは副業をしていない場合でも当てはまる方はいると思うので、覚えといて下さいね。

学生アルバイトや主婦パート・フリーターは?

反対に、

  • 学生アルバイトの方
  • 主婦のパートの方
  • フリーターの方

などで年収が103万円以下の場合は、基本的に確定申告は不要です。

「今月も浪費が止らない今月も浪費が止らない」[モデル:千歳]のフリー写真素材を拡大

しかしアルバイトやパート以外の所得が20万円を超えた場合は、税金の不足分を納めなければならないこともあります。

アルバイトやパートでの所得が103万円を超えている方は、上の「会社員(サラリーマン)の条件」と同じように、確定申告を行わなければいけないケースがあるので、注意して下さい。

年金受給者が確定申告を必要な場合とは?

年金受給者が、確定申告をする必要がある場合もあります。

それは、

  • 公的年金等の収入金額の合計額が400万円以上
  • 公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以上

の場合のみ。

期間中に確定申告を行わなければ、所得税+罰則的税金の無申告加算税を支払う義務が課せられますよ。

「宝くじで当選した金額に税金はかかるのでしょうか?宝くじで当選した金額に税金はかかるのでしょうか?」のフリー写真素材を拡大

罰金額は、

本来納めるべき所得税の15~20%
出典;huffpost

結構高額なので、「自分が確定申告をする必要があるかどうか」気になる方は、国税庁のホームページをチェックしてみて下さいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

こうして見てみると確定申告は、職業や職種・年齢に関係なく、多くの人がする必要がありそうですね。

確定申告は「払い過ぎた税金が戻ってくる場合がある」というメリットもありますから、この機会に再度「自分が確定申告の対象なのか」確認してみることをオススメします。