発達障害の生徒が教師の1つの工夫からトップになった話


「この子は理解力が乏しいから」と言われ、勉強に遅れをとる発達障害を持つ生徒がいた。

しかし、ある教師が取った工夫でこの生徒が学年トップの成績になった話が話題を呼んでいます。



スポンサーリンク

発達障害の生徒A


「自閉症」や「アスペルガー症候群」など、現代では4人に1人が発達障害を持っているという。

今回の話の中心人物の1人、A君もその一人でした。

発達障害には症状の違いこそあれど、コミュニケーションが上手く取れなかったり、複数のものに同時に取り組むことができないなどの特徴が見られます。

A君は軽度の発達障害からか、人の話や授業の内容が理解できないと悩み、また、前担任もそのことで悩んでいました。

そしてもうひとりの話の中心人物の教師「先生」との出会いでA君の運命は大きく変わることとなります。

なんでもないたったひとつの工夫


1 2 3 4

footer-image