関西援交を彷彿させる「天使のたまご」の衝撃的実態。


泣く子も黙る名作・関西援交の「天使のたまご」
その衝撃的実態が明らかに・・・


スポンサーリンク

一世を風靡した関西援交シリーズ

今から遡ること約15年前、「関西援交」という個人撮影AV作品が世を賑わせました。

当時ネットを少しでもかじったことがある男性なら、
そのタイトルや画像ぐらいは見たことがあるかもしれません。

画質はお世辞にも良いと言えるものではなく、
無修正というのは名ばかりで画質の粗さが目立っていました。

そういった「関西援交」の作品を彷彿させる
個人撮影AV「天使のたまご」が一部マニアで話題を寄せており、
画質や登場するモデルの質も愕然にあがり、
ネットショップで動画データとして売買されています。

関西援交とは

関西援交シリーズとは児童売春を撮影したAVであり、
いわゆる児童ポルノビデオです。

それまでにあった児童ポルノビデオと比較して、
その作品数の多さと過激で鬼畜な演出からマニアの間で高い評価を受けている。

しかし、2006年1月13日。関西援交シリーズの制作者が逮捕されます。

被告による児童福祉法違反について、奈良家裁は求刑通り懲役7年の判決。
同日、被告が問われていた強姦、児童ポルノ禁止法違反、
組織犯罪処罰法違反について、奈良地裁は懲役8年と罰金600万円の判決。

家裁の児童福祉法違反罪7年と、地裁の強姦罪8年合計で懲役15年となりました。
奥さんにもビデオのことがバレていても制作を継続していたようです。

スポンサーリンク

天使のたまごとは

撮影しているのはJK大好きな40代のダメオヤジ(自称)の「天使のたまご」さん。
動画に出演している女の子は「関西援交」とは違い超が付くほどカワイイ。

そんな超絶カワイイ女の子と中年オヤジの「天使のたまご」さんとの
超濃厚な性行為が人気となっています。

最初は軽い気持ちでやってきた女の子に対し、
限界マックスの大絶叫イキまくり中出しを披露する「天使のたまご」さんは、
JK援交モノが好きなユーザーの期待を裏切らないと評判でした。

女の子のルックスの良さが定評

昔から、「援交モノ=ブス」という等式が出来上がっていたのを一気に払拭。

FacebookやTwitter、Instagramなどで、
今では多くの人に見られるのが普通になってきたりしているのもあり、
それに伴って化粧の技術なども向上し、見た目カワイイ女の子が増えたのかもしれません。

驚きの動画本数

動画本数は383本(2017年1月現在)
こんな数多くのJKとできるなんて、うらやま・・・けしからん!

ネットでの反応

・くっそぬける
・間違いない
・たまに終始引き気味で生々しいのがある
・おっさん鬼畜すぎぃwww

スポンサーリンク

関連記事

⇒ 電車内で迷惑をかける女子高生に言い放った女性部下の行動