【千葉女児殺害】10キロ先に遺留品。異常な性癖者の計画的犯行か?

千葉9歳女児殺害事件。ベトナム国籍のリンちゃんが遺体で発見されたことは知っている人も多いでしょう。

まだ犯人逮捕に至っていませんが、新たな事実が発覚しました!


スポンサーリンク

遺留品が見つかる

現在起きている『千葉9歳女児殺害事件』
これは千葉県我孫子市内の排水路わきで、ベトナム国籍の小学3年生の女児(9)リンちゃんの遺体が見つかった殺人と死体遺棄の事件のことです。

千葉女児殺害事件

捜査は続いていますが、いまだに犯人は逮捕されていません。

しかし、捜査に進展があったのです。

リンちゃんは裸の状態で発見されたのですが、その遺体が発見された現場から10数キロ離れた茨城県坂東市の利根川の河川敷で遺留品が見つかりました。

遺留品発見

発見されたのは、リンちゃんのランドセルのほか、女の子用の服などが数点。

リンちゃんの自宅から、遺体が発見された現場までが10キロ、そしてそこから10数キロ離れた場所で遺留品が発見!

・・・犯人が何を考えているかが、全くわかりません。警察をからかって遊んでいるのか、何か意味があるのか。

これは犯人が捕まらないと真実が出てこないかもですね。。。

ここから何か犯人に繋がる手がかりがあるといいのですが…。

犯人は土地勘あり?

当日のリンちゃんの情報は、自宅に設置してあった防犯カメラしかありません。
防犯カメラ

そのため、犯人はカメラの死角や人通りの少ない場所を選んで襲った可能性も浮かびます。

だとしたら、その土地に詳しい人物が犯人と考えるのが自然ですよね。

過去の事件でも、女児誘拐や殺害の犯人は土地勘のある人物のことが多いです。

さらに、今回は犯行から1ヶ月前ぐらいに、リンちゃんが変質者の被害にあっていたことがあったことも分かっています。

それが犯行のための下調べだったという見方も。
そう考えると、土地勘があり近所にすんでいた人物が怪しいと思うんですよね。

また、今回の犯行は登校時。
下校時は子供自身、解放感があるので誘惑しやすいと言います。

なので、わざわざ登校時を狙った理由がよく分からないですね。

仮に、学校まで1人で登校していると分かっていたとしたら・・・

計画的犯行だった可能性が高い
そこからも、近所の人間の犯行と導き出せますね。

スポンサーリンク

新たな書き込みも…

また犯人の暴力的な性格も判明!

以前の記事で、ネット上に怪しい書き込みがあったとお話しました。

しかしそれより前に似たような猟奇的な書き込みが見つかったのです!

それがなんとも、気持ち悪すぎるもので…。
異常な性癖の持ち主であることは間違いないでしょう。

しかしそこから読み取れるのは、性的いたずら目的というより、暴力性なのです。

リンちゃんも首を絞められての窒息死でしたが、顔を殴られるなどしていました。

痛みを感じた様子を楽しんでいたのかもしれません。

本当に許せない!
早く捕まって痛い目みたらいいのに!!!

スポンサーリンク

関連記事

⇒ 千葉で小学生女児が殺害。犯人は猟奇的変質者?寒気が止まらない…

【千葉女児殺害】10キロ先に遺留品。異常な性癖者の計画的犯行か?


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!