弥海砂(戸田恵梨香)が10年ぶりにデスノートに登場!その手には・・・

49ec56f7

新作「デスノート」から、

戸田恵梨香演じる弥海砂の10年後の姿が解禁しました。

その手にはデスノートが・・・



スポンサーリンク



デスノートの新劇中カットが公開

『デスノート』誕生から10年となる節目に、

正統な続編として放たれる完全新作映画

『デスノート Light up the NEW world』

 

この秋公開となる本作から、

前作から続投する戸田恵梨香が演じる

“ミサミサ”こと弥海砂の場面写真が到着した。

キラこと夜神月(ライト)とLの死から10年

物語の舞台はキラ(夜神月)とLとの戦いから10年後。

地上に再びデスノートが舞い落とされ大混乱に陥る中で、

それを手にして世界を掴もうとするもの、

キラの復活を望むもの、

そしてそれらを阻止するものたちとの究極の争奪戦が勃発。

 

かつてキラを崇拝し、月(ライト)の恋人であった海砂は、

デスノートを所有し自らの寿命の半分と引き換えに“死神の目”を得て、

Lとキラの死闘においてキラをサポートした。

 

しかし、ふたりの最期の決着を目の当たりにして深い悲しみに落ち、

その後、所有権を失いデスノートに関する記憶を失っていた。

 

再び死神が地上にデスノートをばらまき世界中が大混乱に陥っていた。

夜神総一郎が立ち上げた「デスノート対策本部」は存続していた。

でに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、

キラ事件に精通した三島を筆頭に、

唯一10年前のキラ事件を経験した松田ほか

5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。

 

ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、

世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎が加わり事件解明に当たり、

地上には「6冊のデスノート」が存在する事が判明。

その矢先にキラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。

 

そのメッセージとは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」と

デスノートの提出を呼びかけだった――。

6冊ルール解禁へ

原作に存在しながらも使われていなかった

“6冊ルール”を採用した新しい物語では、

デスノート争奪戦を制する者が新世界を制する。

 

海砂は記憶を取り戻すのか、そして争奪戦に参戦するのか。

月とLの死闘の真相を目撃した海砂の記憶は、

世界を大混乱に陥れる新たな“キラ事件”のカギとなっていく。

 

キャストには、「デスノート対策本部」の

デスノートを追う男・三島創役の東出昌大をはじめ、

デスノートを封じる男・竜崎役の池松壮亮、

デスノートを制する男・紫苑優輝役に菅田将暉。

世界中に散らばったデスノート6冊のうち、

1冊を手にする青井さくら役に川栄李奈。

 

さらに、弥海砂役の戸田さんや、死神・リューク役の中村獅童も続投している。

このほど解禁されたのは、戸田さん扮する弥海砂が、

楽屋にてデスノートを手にする姿が映された場面写真。

 

かつてキラを崇拝し、月の恋人であった海砂は、

10年前、月とLの最期の決着を目の当たりにし、深い悲しみに。

デスノートを所有していた彼女はその後、

所有権を失いデスノートに関する記憶を失っていた。

 

というのも、デスノートは所有権を失うと、

所有していた期間の行動に関しては

デスノートの所有者であったことが絡まない形で残るものの、

デスノートに関する記憶は一切無くなってしまうのだ。

 

10年の時を経て復活

アイドルから女優へと成長を遂げた彼女。

 

月とLの死闘の真相を目撃した海砂の記憶は、

世界を大混乱に陥れる新たな“キラ事件”の鍵となるのか。

そして、このノートは一体誰がもたらしたのか? 

海砂は再びデスノートを使ってしまうのか!?

究極のデスノート争奪戦にさらなる期待が高まるようだ。

 

『デスノート Light up the NEW world』は

10月29日(土)より丸の内ピカデリー新宿ピカデリーほか全国にて公開。


スポンサーリンク