トイレ清掃員女性をバカにした大学生。ある男性の一言で彼らは窮地に

体験談


その時、どこの企業も新卒採用の面接を行っている時期でしたので、
大学生などリクルートスーツに身を包んだ若者が頻繁に出入りしていました。

心無い言葉を浴びたが・・・

私が小便器を丁寧に掃除していると、
笑いながらまだ初々しい姿の大学生2人がトイレへ入ってきたのです。

そして、すぐに小便器を掃除する私に向かって酷い言葉呟いてきました。

『こんな仕事やだよなー。
まじで無理だわ、俺。』

『いや無理とかってレベルじゃないだろ!
トイレの掃除とかキモいって!!!』

『とりあえずこうなったら人間のゴミだわ(笑)』

知らないフリをして、聞こえないフリをしました。
一生懸命悔しい気持ちと、怒りを食いしばり我慢しました。

ここで言い返したりしては、私はこの大学生たちの言う様に本当の『ゴミ』になってしまう様な気がしたからです。

言い返す=認める事。このような思いが、咄嗟に私の心で我慢するという選択を取ったのだと思います。

しかし、この大学生二人組は、この後凍り付くような窮地へと追い込まれる事となったのです。

この大学生たちのすぐ後ろから入ってきた一人のおじさん。

ある男性の一言で彼らは窮地に

このおじさんが、大学生が私の事をバカにした後、ボソッと大学生に言葉を掛けます。

君たちは、就活生かい?
だとしたら、0点だね。なぜなら君たちは、仕事の意味を履き違えているようだ。

どんな仕事でも、仕事があるという事は必要とされているからなんだよ。

立派な仕事。誰にでも出来る仕事じゃないことをしてくれる人がいるから、君たちは何不自由なく便利に使えたり利用できるんだ。

いいかい?『ゴミ』なんて言葉を使うんじゃない。

掃除をする方が、掃除をして給与をもらうだろ?これは、その仕事や人に対しての対価=ありがとう という報酬なんだよ。

そこにお金という対価が発生しているという事は、必要とされているからなんだ。ゴミじゃないんだよ。

でも、きっと雇う側も仕事を与える側も君たちの様な価値観の人間には何も渡さないと思うが、どう思う?

そう言い、ふと大学生が首から下げている名札を見てさらに笑みを浮かべこう言います。

ふむ。面接か…楽しみだね。

そのロゴは私の会社のシンボルだ。後で、面接室で続きを話そう。

一瞬この意味が私には理解出来ませんでした。しかし、大学生たちはすぐにこの意味を悟った様子。

どうやら、このおじさんは彼たちがこの後面接を受ける会社の社長だったのです!

私も、このビルの清掃をしていて何度か見かけた事はある顔でしたが、まさか会社の社長だったとは知りませんでした。

冒頭でも述べましたが、私はこの仕事を与えられているだけで感謝しています。与えられている事、任せてもらえる喜びを知っているから…。

世の中に仕事や与えられる責務は数えきれないほど種類があるでしょう。


1 2 3 4