恐怖事実が判明。多目的トイレで事件発生…みんな気をつけろっ!

多目的トイレ

今はどこにでも設置している『多目的トイレ』様々な使用目的のために作られたトイレ。ですが・・・事件も発生も多いというのです!

子供も大人も気をつけたほうがいい事実が・・・



スポンサーリンク

便利な多目的トイレ

『多目的トイレ』その名前の通り、使用目的に合うように作られた、通常より大幅に広いスペースが確保されたトイレです。

デパートや駅などに設置されていることも多く、見慣れてきましたよね。

また、公園にあることも多いかと思います。

外出していて急にトイレに行きたくなった時、コンビニに入るのは気まずい…、ということで公園のトイレを利用する人もいるのではないでしょうか?

その時、注意しないと犯罪に巻き揉まれることがあるかもしれません。

入ったことがある人は分かると思いますが、「こんなに必要!?」ってくらい広いスペースが確保されています。

多目的トイレ

それは、

・車いすの人が不便なく使える幅の確保
・子どもと親が離れず危険無くトイレが済ませられる
・子ども連れの場合の赤ちゃんなどのオムツ替えができる
・老人と介護している人が同時に入ることができる

など、複数で入らなければいけない人向けに作られているんです。

狙われた子供の善意

多目的トイレの中には、緊急ボタンがありますよね。



このボタンは、外にいる人への緊急信号と同じ役目を果たしています。

なので、このランプが点灯している時は『助けを求めているサイン』という意味です。

しかし!
この機能を利用して狙われる人たちがいます。

それが、子どもたちです!!
・・・どういうこと!?

そう思った人もいるかもしれません。

子供は大人のように状況を判断する能力がまだあまりないため、危険もあるということのようです。

つまり、ボタンで子供の注意を引き、子供1人で声などをかけにいったら・・・

誘拐などの犯罪に巻き込まれる可能性があるということです!

そのことに気づいた『眠気子さん』はTwitterでこのように注意を促していました。

近所の運動場のトイレに『このランプが点灯していたら、多目的トイレの中で困っている人がいるサインです。

手を貸してあげてください』と貼り紙されてるけど、友人は子供に

「ランプが点いてたら、知ってる大人を呼んで来るんだよ。絶対に一人で入っちゃだめ」と教えている。

私はそれが正しいと思う

このツイートの通りですよね!

子どもは善意で捉えて「困っている人を助けてあげなきゃ!」と考えますけど、1人で行動しては危険です。

子供だけで対処しないで、大人を呼ぶように教えないといけません。

そうしないと、優しい気持ちが悲惨な事件を呼んでしまうかもしれませんから・・・。


スポンサーリンク

実際に事件があった!?

実際に多目的トイレで起きた事件がありました。

2011年3月3日
3歳女児・清水心(ここ)ちゃんがスーパーの多目的トイレで殺害された痛ましい事件です。

トイレに行きたいと心ちゃんがトイレに行き、その後行方が分からなくなてしまったのです。

両親は必死に探し、多目的トイレを叩いた際に「使用しています」と中から返事が。

その返事をした人が、犯人の山口芳寛(21)だったのです。

その直後に母親と山口はすれ違いますが、リュックは子供が入る大きさでもなかったので、目線を移しトイレを確認したといいます。

そして・・・
そのリュックの中に心ちゃんがいたことを知ったのです!

急いで後を追ったが見つからず・・・

山口は心ちゃんを殺害した後に、その遺体にいたずらしたといいます。

本当に許せないです!
たった3歳の子に酷すぎ…。

こういうヤツも死刑にはならないとか、同じ目に合えばいいのに…

障害者を装った変質者多発!

さらに、障害者を装いわいせつ行為をする人があとを絶たないといいます。

人の良心につけこんだ卑劣な行為です。

とてもじゃないけど許せないですね!!
ふざけんな!

これはどういうことかというと、
車椅子だったり、手足が不自由なふりをして「多目的トイレに連れてって欲しい」と声をかけるのです。

そして、いざトイレに入ると「介助もしてほしい」とトイレに入るように促します。

そこで親切心から入ってしまうと・・・

カギをかけて、わいせつ行為をしてくるのだそうです!

トイレでカギをかけるのは普通なことです。

そのため、不思議には思わずそのまま手助けをしようとして、わいせつ行為に及ぶのだそうで。

これは、下手したら殺人事件になってしまってもおかしくないことです。

トイレまでの案内はいいかもしれませんが、トイレ内での介助は危険が多いのも事実。

本当に助けを求めている人もいるでしょうが、店員さんに頼むようにしたほうがいいでしょう。

人の善意を利用した卑劣な行為。
事件に巻き込まれないように、気をつけたいですね。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 「性の喜びおじさん」の死亡事件。犯人のガチ逮捕なるか…?

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

多目的トイレ

恐怖事実が判明。多目的トイレで事件発生…みんな気をつけろっ!


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!