実写銀魂のドラマで山崎退役の戸塚純貴が語る死にたくなった話とは?


dTVで配信されるオリジナルドラマ「銀魂」の実写版で、山崎退役を演じた戸塚純貴が、撮影時の死にたくなったエピソードを公開しました。

しっ、死にたくなる撮影!?笑


スポンサーリンク

実写版銀魂の撮影で死にたくなった話?

2017年7月14日に公開される実写映画「銀魂」に際してdTVで実写ドラマ「銀魂」も放送されることがわかりました。

同ドラマと映画では主人公・坂田銀時役に小栗旬、近藤勲役で中村勘九郎、土方十四郎役で柳楽優弥、沖田総悟役で吉沢亮、沖田の姉・ミツバ役で北乃きいという配役になるそうです。

北のきいのお話はこちら
北乃きいが銀魂に出演。泣けるミツバ編でまさかのヒロイン役!

その豪華俳優陣と共演していく中で、山崎退役を演じた戸塚純貴が撮影の初日、近藤局長を演じる中村勘九郎との撮影の思い出をこう語りました。


1 2 3

footer-image