戸塚ヨットスクールで今度は幼児虐待?戸塚校長の体罰と裏ボスがヤバイ!

totsuka_youji-3

色々と問題になった戸塚ヨットスクール

現在は幼児教育を行っているようですが、

幼児虐待だ!戸塚校長の体罰に批判殺到しています。


スポンサーリンク



戸塚ヨットスクールとは?

1976年にもともとは

『オリンピックで通用するような一流のヨットマンを育てる』

という理想のもと、設立されました。

 

教育方針は『脳幹論』に基づいており、

青少年の問題行動は脳幹の機能低下により

引き起こされるものであり、

脳幹を鍛えることで登校拒否・引きこもり・癌までもが

克服できると校長の戸塚氏は主張しています。

 

しかし、そこに科学的根拠はなく、

科学的証拠も不十分です。

 

問題も多く起こっていた

独自のスパルタ教育で数多くの非行少年を

矯正したとし話題になっていました。

 

そして、いつしか不良少年や引きこもりの

預かり施設となっていました。

 

だが、

訓練中に生徒が死亡したり

行方不明になっていることが判明し、

1983年傷害致死の疑いで捜査が行われます。

 

2000年には戸塚氏及び

コーチらは懲役6年の有罪判決を受けました。

 

2006年に出所した後、スクール現場に復帰しているが

その後も訓練生の自殺や事故が相次いで起きているそうです。

 

新しい取り組みは幼児教育

2006年から幼児教育も始めていたことが

明らかになっています。

 

青少年でも問題があったのに、

大丈夫なのか気になるところですよね。

 

自分の意思で脱走できる少年少女はまだしも、

幼児を預かるというのは相当危険だ。

そんな意見が多いようです。

 

totsuka_youji10-600x332

 

実際にはどうなのでしょうか?

 

戸塚スクールは、幼児期この厳しい教育こそが今の日本には

必要という信念で子供を預かっています。

 

対象年齢は、3〜10歳。

小学生までに鍛えるのが大切という、

校長の方針が反映された受け入れ年齢です。

 

夏休みや祝日などを利用して、年に10回合宿を開催してます。

 

合宿にメディアが密着

みんな気になるのは合宿のなかみ。

今回の合宿は3日間、内容に問題はないのか、

メディアが密着取材していました。

 

食事中は正座がルール

足がしびれても、泣いても我慢させています。

 

totsuka_youji-2-600x333

 

食事が終わったら、海に出てヨット乗りの練習です。

慶龍くん(4歳)は、足がつかない海でヨットの上に立つのが

恐いと立とうとしませんでした。

 

戻りたいと泣きそうな顔で駄々をこねます。

戸塚校長が

 

「立て!!!」

 

と怒鳴っても、首を縦にはふりません。

 

ついには戸塚校長は、慶龍くんを海に放り投げました。

「恐い、恐い」と言っているのにです。

 

そして次の瞬間に発した言葉は

 

「はよ泳げ!はいすぐ立て!」

 

4歳児にこれは、あまりにもひどいです。

 

totsuka_youji-3-600x334

 

 

また、練習が終わり合宿所に帰る際に泣いていた

和司くん(3歳)には

 

「泣いてもやるんやぞ!わかったか!!」

 

と頭を叩いています。

 

「わかった」と答えた和司くんに、

 

「わかったぁ〜?なんちゅう生意気な口聞くんや!

何も出来ん奴が」

 

と今度は両手でビンタします。

 

さらにはお尻をたたくなど、カメラの前でも

構わず体罰を加えていました。

 

totsuka_youji-8-600x338

 

ネット上の反応

・トラウマにしかならない

 

・言うこと聞かないなら戸塚スクールに入れると

よく言われていた。懐かしい。

 

・ただの恐怖政治。これで生まれるのは優秀な人材ではくて

偉い人の言葉を聞くだけの人形。

 

・どう考えても虐待。こんなのが教育なわけない!

 

・育児放棄したい親がいて成り立つビジネス。

 

など、批判的な意見が多く賛成意見はなかったです。

「体罰を全面的に反対はしない」という人も、これはない。

と否定的でした。

 

またTwitterでこんな意見も。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-12-51-49

 

戸塚校長の考え方

どうしてここまでスパルタ教育を徹底するのか。

 

「30数年、問題児を見てきてわかったのが

幼児期の教育の失敗」

 

と総括しています。

 

わがままを言う子どもには自分が恐い存在になって

抑圧することが解決策だと考えているようです。

 

58bfc508

 

「親はあそこまでの体罰はやらないのでは?」

というマスコミの質問に対して

 

「やらんのではない。やれんのや」

 

と半笑いで答えています。

体罰賛成派なのだそうです。

 

戸塚ヨットスクールは、入校金が324万円、

入校時の預かり金が20万円、生活費は月12万円と

かなりの高額設定。

 

教育を放棄したい金持ちを相手に

阿漕な商売をしているだけという声もあります。

 

なぜ続けられるのか

戸塚ヨットスクールのHPには『体罰』を行うと

堂々と書かれています。

 

「戸塚ヨットスクールでは、体罰・暴力はあるのですか?」と

質問をよく受けます。現在でも非常に限定された場面のみですが

行うことがあります。「体罰は何が何でも絶対ダメ」という

考え方ではないということです。

 

あれだけ社会問題化したのに、

どうして今も存続することができるのか?

 

それは、あの元東京都知事の石原慎太郎氏

影の支配者であるからではないだろうか。

 

totsuka_youji

 

スクール開校40周年を祝う会のパンフレットに

堂々と顔を出しています。

 

その肩書きは『戸塚ヨットスクールを支援する会 会長』

実は活発に活動しているのは、

支援する会の方だと言われています。

 

水面下ではどのような活動をしてるかわからなく、

不透明なことが多い。

何を考え、スクールを存続させているか。

 

このままでいつか事故が起きてしまう。

教育方針に異議を唱えたい人は多いことでしょう。


スポンサーリンク



関連記事

電通で過労死した高橋まつりさんの「最期の15日間」がエグすぎる

 

⇒ ミスコン中止の犯人の顔写真が流出。オラつきすぎだと話題に。