東大病院が医療ミスを隠蔽?東大病院の裏事情が発覚・・・

国内ニュース

東京病院医療ミス

東大病院で薬取り違え、入院中の男児がその翌日に死亡していたことを病院が発表しました。

ミスが起きたのは2015年です。
なぜ今になっての発表なのでしょうか?


東京大病院の事故のあらすじ

東京大病院は1月31日に、2015年に入院中の男の子に内服薬を取り違えて投与する医療ミスが起きていたこと。

そして投与翌日に男の子が亡くなったことをホームページで公表しました。

投与間違え

患者は当時、東京都内に住んでいた幼児で、重い病状で入院していました。

今回の公表は東京大病院が遺族からの要望を受けたため行われたようです。

遺族の希望で、男の子の病名や年齢など詳細は公表していませんが、この子は多臓器に障害があり、点滴や人工呼吸器が必要な病状だったのです。


1 2 3 4