東大病院が医療ミスを隠蔽?東大病院の裏事情が発覚・・・

東京病院医療ミス

東大病院で薬取り違え、入院中の男児がその翌日に死亡していたことを病院が発表しました。

ミスが起きたのは2015年です。
なぜ今になっての発表なのでしょうか?



スポンサーリンク

東京大病院の事故のあらすじ

東京大病院は1月31日に、2015年に入院中の男の子に内服薬を取り違えて投与する医療ミスが起きていたこと。

そして投与翌日に男の子が亡くなったことをホームページで公表しました。

投与間違え

患者は当時、東京都内に住んでいた幼児で、重い病状で入院していました。

今回の公表は東京大病院が遺族からの要望を受けたため行われたようです。

遺族の希望で、男の子の病名や年齢など詳細は公表していませんが、この子は多臓器に障害があり、点滴や人工呼吸器が必要な病状だったのです。

事故の原因

内服薬は、鼻から胃へ管状の器具を使って注入していたのですが、別の患者用に準備した13種類の薬を看護師が間違って注入してしまったのです。

そのうち6種類は抗てんかん薬など、特に安全管理が必要な薬でした。

注入の際に、担当看護師は他の患者や電話の対応が重なったので、男の子用の薬をいったん作業台に置いたのです。

そして対応が終わった後に注入しようとした時に、近くに置いていた別の患者の薬に名前が書かれていなかったため、取り違えたと言うのです。

注入時の名前の確認もしていなかったので、気づくことが出来なかったのです。

今回こんなことが起きてしまったのは患者の氏名の確認を怠るなど、病院内のルールが守られていなかったことが原因だと思われます。


スポンサーリンク

病院側は事故を隠蔽していた?

病院は、

「誤注入が患者の死亡に何らかの影響を与えた可能性がある」

としていますが、死亡への影響については「医学的な判断は困難」としています。

ホームページには、再発防止策として、注入器具への記名徹底をすること
そして斉藤延人院長の、

「患者さまとご家族に深くお詫びする。病院全体で改善の取り組みを今後も続けたい」

とのコメントを掲載しました。

富田有一・同病院総務課長は

「遺族と協議してホームページで公表した。掲載した概要以上の説明はできない」

と話しています。

そして亡くなった男の子の母親は、

「今後、同様の事故が繰り返されないことを願っています」

などとコメントしています。

人手不足で忙しすぎたのかもしれませんが、名前確認怠るのはどうなのですかね…。

人の命に関わることだという自覚がないようにしか思えません。

しかも、遺族から要望を受けてからの公表です。

もしかしたら要望を受けなかったら公表しなかった可能性もありますよね…。

東大病院
病院でのこのような医療ミスは、これまでも何度もありました。

そんなにもミスをせずに薬の投与など、仕事をすることが大変なのでしょうか。

病院も人手不足で、労働量や寝不足だという事実もあるのかもしれません。
しかし、人の命を扱う立場の人ではそのようなことも言い訳にしか聞こえませんよね。

「あ、失敗しちゃった」
そんなことでは許されないのが医療の世界でしょう。

これ以上、このような医療ミスがないことを祈りたいですね。

ネットの反応

・他人事には思えない。忙しいは言い訳にならないもんね。そんな時こそ落ち着く癖をつけよう。

・完全な人災やな 管理体制のなさが隠せてないわ

・やっぱ取り違えって実際にあるんだよね…

・実施前の3回声出し読み上げ確認は守られていなかったのだろうか…


スポンサーリンク

関連記事

⇒ ニュースで報じない凶悪少年犯罪の犯人と顔の実名公開!

東京病院医療ミス

東大病院が医療ミスを隠蔽?東大病院の裏事情が発覚・・・


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!