東大生の強制わいせつ事件で露呈した「ヤリサー」の実態。【勘違いエリートの末路】


5月11日未明に東京大学の学生5人が

強制わいせつ容疑で逮捕されました。

この現役東大生の強制わいせつ事件でヤリサーの実態が露呈しました。


スポンサーリンク

事件のてん末

逮捕された東大生、東大大学院生たちは

今年4月にインカレサークルを設立し、

ツイッターを使って主催する飲み会の参加者を募っていた。

被害に遭ったのは、そのツイッターを見て参加した

別の大学の女子大生たち。

 

東京・池袋の居酒屋で飲酒した後、

メンバーの東大生の自宅マンションに移り、

2次会を始めるのだが、

そこで被害女性の服を脱がしてお触りするなどの犯行に及んだのである。

 

いわゆる“ヤリサー”による大スキャンダルとして思い出されるのは、2003年に発覚し、

早稲田大学の学生ら14人が準強姦罪で実刑判決を受けた

イベントサークル「スーパーフリー」メンバーによる輪姦事件だが、

今回の事件も類似したものなのだろうか。


1 2 3

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

東大生の強制わいせつ事件で露呈した「ヤリサー」の実態。【勘違いエリートの末路】


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image