東大生の強制わいせつ事件で露呈した「ヤリサー」の実態。【勘違いエリートの末路】

5月11日未明に東京大学の学生5人が

強制わいせつ容疑で逮捕されました。

この現役東大生の強制わいせつ事件でヤリサーの実態が露呈しました。


スポンサーリンク



事件のてん末

逮捕された東大生、東大大学院生たちは

今年4月にインカレサークルを設立し、

ツイッターを使って主催する飲み会の参加者を募っていた。

被害に遭ったのは、そのツイッターを見て参加した

別の大学の女子大生たち。

 

東京・池袋の居酒屋で飲酒した後、

メンバーの東大生の自宅マンションに移り、

2次会を始めるのだが、

そこで被害女性の服を脱がしてお触りするなどの犯行に及んだのである。

 

いわゆる“ヤリサー”による大スキャンダルとして思い出されるのは、2003年に発覚し、

早稲田大学の学生ら14人が準強姦罪で実刑判決を受けた

イベントサークル「スーパーフリー」メンバーによる輪姦事件だが、

今回の事件も類似したものなのだろうか。


スポンサーリンク



ヤリサーの実態

「大学生のヤリサーが起こした事件という共通点はありますが、

根本的な問題は別物です。

 

スーフリはかなり組織化されて手口も卑劣だったのに対し、

回の東大生のサークルは組織もお粗末で手口も“ガキくさい”もの。

スーフリの場合、

飲み会に参加した女子大生にハルシオン(睡眠導入剤)を盛って昏睡させ、

意識がない状態でレイプするという手口も常態化していました。

さらにその場でハメ撮りもしておいて、

女子大生に対しての口止めや脅迫の材料にもしていたんです」

確かにスーフリの悪質極まりない手口には閉口するが、

今回の東大生も女子大生の服を脱がせて胸をベタベタ触っただけでなく、

カップラーメンの汁を頭にかけたり、

女性のアソコにドライヤーの熱風を当てたりと、

異常性が取り沙汰されているが…。

「ラーメンやドライヤーといった要素に、まさに“ガキくささ”を感じるんです。

スーフリは自分たちが悪いことに手を染めている自覚があるため、

バレないようにと手口も悪質かつ巧妙になっていたんですが、

今回の東大生たちにはそういう意味での悪意は感じられません。

エリート人生からの転落

今回逮捕された現役東大生は

絵に描いたようなエリート人生から一転、

「強制わいせつ」の容疑者となってしまった。

 

はたして、今後、どのような罰が待ち受けているのか。

「被害女性は『絶対に許さない』と怒り心頭ですから、

示談には応じず、起訴されるでしょう。

裁判で逮捕容疑の『強制わいせつ』が適用されれば、

量刑は6ヵ月以上10年以下の懲役になります。

執行猶予がつかず、実刑判決がくだる可能性も十分にある」

 

似たようなケースとして、

’10年に盗撮で逮捕された早稲田の学生がいる。

「彼の場合は不起訴処分に終わったようで、

大学も1年間の停学で済みました。

とはいえ、その後は大変そうでしたね。

就職活動は過去を隠して行っていましたが、

『受けている会社にバレたら終わる』と、いつもビクビクしていた。

なんとか就職は決まりましたが、

ネットで検索すれば今でも名前が出てきます。

この前会ったときも、『今でも隠しているし、将来が不安だ』と言っていた」


いずれにせよ今後は、

「東大」を笠に尊大にふるまうことはできなくなりそうだ。


スポンサーリンク