常盤貴子の旦那・長塚圭史が真木よう子と不倫!なぜ離婚しないの?

芸能


女優の常盤貴子は2009年に結婚しており、旦那は長塚圭史といって、劇作家や演出家、俳優として活動している人物です。

常盤貴子と旦那のなれそめや子供、旦那と真木よう子の不倫疑惑、常盤貴子の元カレについてまとめました。

常盤貴子の旦那は長塚京三。なれそめは?

常盤貴子は、『愛していると言ってくれ』『最後の恋』『ビューティフルライフ』など、様々なヒットドラマでヒロインを演じ、「連ドラの女王」と呼ばれました。

プライベートでは、2009年10月20日に結婚。旦那は劇作家・演出家・俳優の長塚圭史。

長塚圭史は『ナースのお仕事』や『篤姫』、『花燃ゆ』などに出演した俳優・長塚京三の息子です。

そう言われてみると、さすが親子なだけあって、雰囲気が似ていますよね。

常盤貴子と旦那・長塚圭史との出会いは、2003年の映画『ゲロッパ!』での共演だとか。

その後、6年半の交際期間を経てゴールインしました。

常盤貴子と旦那の間に子供はいる?

常盤貴子と旦那の長塚圭史は、結婚してから約10年ですので、子供がいてもおかしくないですが、どうなのでしょう。

結論から言うと、常盤貴子に子供はいません。

結婚した当初は、周りの友人に子供が欲しいと話していたようですが、現在まで子供はできていません。

@takakotokiwa_official)さんの投稿

以前は子供が欲しいと話していたということから、不妊説もささやかれていますが、真相は不明です。

常盤貴子の旦那・長塚京三が真木よう子とW不倫!


1 2 3