19歳5人が交通事故死!車が大破する前に撮った自撮りがヤバイ…

恐怖


【画像あり】2015年8月、奈良県明日香村で、19歳の男女5人が死亡する交通事故が発生。

その事故直前に撮った自撮り写真が、携帯に残っていました…。


木っ端みじん!奈良・明日香村で起きた19歳5人の事故死

2015年8月27日、奈良県明日香村岡の村道で、乗用車が橋の欄干に衝突して、19歳の男女5人が死亡する事故が発生しました。

「鳥になれたら・・空から俯瞰した道路鳥になれたら・・空から俯瞰した道路」のフリー写真素材を拡大

事故の詳しい様子は?

同日午前0時15分ごろ、警察車両で現場を通り掛かった県警橿原署員が、大破した車と路上に倒れている男性3人・女性2人の計5人を発見。

5人は乗用車が橋の欄干に激突した衝撃で車外に投げ出されと見られ、車は屋根が引きちぎられているなど大破した状態で、約10メートル先の橋の上に止まっていたと言います。

事故死したのは”中学の同級生5人組”

事故の直後、4人は現場で死亡が確認され、1人は病院に搬送されるも、後に死亡しました。

車に乗っていたのは、

  • 大学1年の内炭卓也さん
  • 看護学校1年の下谷晶さん
  • 大学1年の松本直起さん
  • 大学1年の大谷浩章さん
  • 短大1年の後藤舞さん

の5人。

大谷さん以外いずれも奈良県橿原市の学校に通っており、大谷浩章さんは京都市左京区の大学生でした。

そして彼らは当時全員19歳で、同じ中学校出身の友人同士だったと言います。

「下校中の女子中学生下校中の女子中学生」のフリー写真素材を拡大

現場の制限速度は、60キロ

しかし現場には目立ったブレーキ痕は無く、かなりのスピードで欄干に激突したと見られています。

ちなみに、車内では飲酒した形跡も確認されませんでした。

19歳5人死亡事故の現場検証

まず、壊れる前の車の原型をごらんください。

これが大破すると、こうなります。
↓↓↓↓↓↓↓

車は屋根の部分が引きちぎれ原型をとどめていないほど。ピラーから上が、スパッと切れています。

フロントバンパーは無傷ですから、フロントから欄干にぶつかったのではないことも分かります。
曲がりきれずに横転して、ピラーあたりから欄干に衝突したのでしょう。

横転せず、フロントから突っ込んだとすれば、シートベルト着用であれば助かった可能性もありましたが…。

シートベルトをしていても、助からなかっただろう

この事故に関しては、そのように考えられています。

運転手を特定 容疑者死亡のまま、書類送検

手錠, トラブル, 警察, 逮捕, 犯人, 警察の使用法, セキュリティ, 犯罪

運転者の特定が曖昧だと損害賠償で揉め、何年も争うこともあります。

この事故に関しては、車に乗っていた5人全員が車外に投げ出されていたので、誰が運転手か、特定する必要がありました。

自動車保険に家族特約や年齢不担保特約が付いているケースで、
推定運転者と推定同乗者の属性が異なる場合、
保険会社は運転者の特定がしっかりしていないと保険金を直ちには払いません。

そして2016年2月に奈良県橿原署は、死亡した1人の男子大学生を『自動車運転処罰法違反(過失運転致死)』の疑いで、容疑者死亡のまま書類送検。

「空港内を自転車で巡回中のポリスメン空港内を自転車で巡回中のポリスメン」のフリー写真素材を拡大

同署によると、大破した車は、同大学生の家族の名義だったそうです。

「奈良・明日香村5人事故死」なぜ事故が起きたのか

検証その①スピードを出しすぎ

奈良県橿原署によると、

車は現場手前の右カーブを曲がりきれずバランスを崩し横転し、飛鳥川に飛鳥橋の欄干に衝突。その弾みで5人が外に投げ出された

そうです。

「山奥の不気味なガードレール山奥の不気味なガードレール」のフリー写真素材を拡大

そのため同事故は、スピード出しすぎの単独事故

自動車の損壊状況からみて、時速100キロを超えていたとも、十分に考えられます。

検証その②「危険な道路」住民が以前から懸念

また事故現場は、明日香村役場の北西約700メートル先で、近くに石舞台古墳や飛鳥寺など史跡や寺社が点在する場所。

街灯や住宅が少なく、夜間は暗くて見通しが悪い道路でした。

5人を乗せた車はカーブが終わったところにある、左端の欄干に衝突

昼間は問題ありませんが、夜間に街灯がないため、事故原因の一つとして挙げられています。

「薄れかかった横断歩道薄れかかった横断歩道」のフリー写真素材を拡大

昼間は観光客らが行き交う道路であるのも関わらず、見通しが悪いのです。

飛鳥橋の直前で急なカーブとなっているのも分かりますね。

右手には大木が茂り、周囲に人家がなく街灯も少ないため、深夜は非常に危険度が高い!

「縁石と黄色い点字ブロック縁石と黄色い点字ブロック」のフリー写真素材を拡大

朝のニュースを見て事故を知った近くの女性は、

カーブミラーもなく、あそこは道路を渡るのにも気を使う

とコメント。別の女性(当時75歳)も、

以前もカーブの先で横断中の人が車にひかれる事故があった。ただ、5人も亡くなるなんて……。観光地でもあり、道路を何とかしてほしい

と訴えています。

しかし、気をつけていればどこにでもあるカーブです。
今回の事故は、運転手の運転技能の問題でしょう。

検証その③浮かれていたかも?

中学からの気心しれた友達たちとのドライブ。
盛り上がり、つい浮かれてスピード上げた結果、起こった事故だったのかもしれません。

また、彼らが事故で亡くなる直前に取られた写真が、携帯に残っていました。

それが、こちら↓

相当楽しかったのが、伝わってきますね。

まとめ

いかがでしたか?

平成に入って、国内で起きた5人以上が死亡した事故は、これで69件目だったそうです。

私も若い時はよくみんなで海やスキーに行ったりしましたが、運転手がふざけてスピード出し、車内みんなで「お〜〜〜ッッッ!!」と盛り上がったりしたものです。

今回の件、実際に死亡直前の車内で何があったのかはわかりませんが、

自分もこうなる可能性があったかも…

と思うと、彼らのことが他人事とは思えません。

心よりご冥福をお祈りいたします。

関連記事

⇒ 交通事故で少女をかばって片足を失った。10年後、その少女が結婚すると聞き・・・