植松聖の母親は「血まみれホラー漫画家」だった!!作品が怖すぎる・・・。


相模原で19人の障害者を殺害した植松聖。

彼の母親は漫画家で、ホラー漫画を書いていたことがわかった。

その内容が怖すぎる。



スポンサーリンク

植松聖の母親のホラー作品

母親が作品として発表していたホラー漫画は、1990年代のもので、「月刊ホラー漫画雑誌」に掲載されていたものである。

植松聖の母親は、漫画家として活動しており、作品であるホラー漫画が怖すぎると話題になっている。

漫画の内容はこうである。

ある少女が母親の実家に泊まると、枕元に女性が現われる。

「真っ赤なワンピースを着た血まみれの女の人が……」

というフレーズとともに、肩や額から血を流している女性が、

ニヤッと笑いながら少女を見つめ、次の瞬間フッと消え去ってしまう

この漫画では、血まみれの女性が描かれている。

そして、この漫画が書かれたのは1990年のため、植松聖が感受性豊かな幼少期のころ。

通常、ホラー漫画などを幼いころから見て育つということは少ないだろう。

しかし、植松聖の母親は漫画家であり、他の人よりもこのような残酷な絵やストーリーを見る機会が多かったのではないかと考えられる。


スポンサーリンク

同級生から母親についてのコメント

上記のホラー漫画の情報は、植松聖の母親の同級生から入った情報である。

母親は依然としてカメラの前には現れていない。

しかし、親族のコメントが植松聖の母親像を少しではあるが明らかにした。

「2人は大学を出てまもなく結婚しました。

すぐ子供ができて、若くして一軒家を建てました。

僕らの間では、うらやましい存在でしたが…」

どうやら植松聖の両親は同級生だったらしい。

母親は漫画家で、父親は教師だそうで、大学を卒業してからまもなく結婚。

順風満帆な夫婦生活をしていたとのこと。

そして、植松聖を含めた3人家族の幸せそうな様子も、同級生のコメントから分かっている。

そうなると、問題は母親のグロいホラー漫画だったのだろうか。