70年間無人部屋の家賃を払う。狂った行動の意味に涙が…

ある女性が亡くなるまでの70年間、住んでもいない部屋の家賃を払い続けていたというのです!気が狂ったとしか思えない行為ですよね。

そこにあったものとは!?



スポンサーリンク

家賃のみ払い続ける女性

フランスでは2010年に判明し、話題になっていました。

そこはパリの古いアパートの一室。
誰も住んでいないにも関わらず、家賃が払い続けられている部屋があるというのです。

その部屋の借り主の彼女とは、かつて女優として活躍し、社交界の名士でもあった美しき女性マルト・デ・フロリアンさん。

サントトリニテ教会付近のアパートを1942年に離れ、91歳で他界した彼女。

その約70年もの間、1度も部屋を訪れないにも関わらず、家賃のみ払い続けて居たといいます。

「住んでいた部屋に置けないものでもあったのか?」
と思いきや1度も部屋に来たことがないとは、一体どういうことなのでしょう。

誰にも見せれないようなものがあるとしか思えませんし、なんとも狂気的な行動です。

そして、そこには驚愕的な理由があったのです!

部屋に残された秘密とは…

彼女がこの部屋を手放したのは、第二次世界大戦勃発後。
食うや食わざるやの時代です。

配給制となったパリの食料事情も厳しくなり、猫のスープからカラス料理まで登場したといいます。

そんな戦火から逃れるためにフロリアンさんは、パリを捨て南フランスへと移住したのです。

しかし、そんな中でも思い出のたくさん詰まったこのパリの部屋だけはどうしても手放すことができず…。

その結果、70年もの間、亡くなるまで家賃を払い続けることにしたのでした。

つまり・・・

フロリアンさんが手放せなかったこの部屋には、まるで70年前にタイムスリップしたような光景が広がっていたのです!

いい理由でよかった…。
殺人の証拠とかそういうのかと…。笑

静止した時間を破り部屋を開けてみると、そこには・・・


スポンサーリンク

時間が止まった部屋

ほこり臭さこそありましたが、ヘアブラシから手紙、香水、アンティーク家具、日用品なども、当時パリの社交界で花を咲かていた女優フロリアンさんのパリジェンヌとしての生活がそのまま残されていたのでした。

パリの部屋

パリの部屋

これだけでも、十分すごいことでしょう。
70年前のものがそのままに残されていたのですから。

しかし、いちばん驚かされたのは壁に掛けられた、女性を描いた「一枚の肖像画」だったのです。

肖像画

このピンクのイブニングドレスを着た妖艶な女性の肖像画。
なんとも美しいものですよね。

この絵を書いたのは、なんと世界的に有名な画家、ジョヴァンニ・ボルディーニ氏だったのです!

この肖像画は未発表品だったので、本物かどうかの判断は難しかったですが、部屋からボルディーニ自身からフロリアンさん宛てに送られたラブレターが発見されました。

つまりこの部屋は、この若き画家との秘密の恋部屋だったのです。

彼女がこの部屋を手放すことができなかった本当の理由は、そこにあったのではないでしょうか…。

ネットの反応

・ロマンティックな話しだな!

・70年間愛情も変わらなかったんだね

・家賃でいい家が買えるやんw

・愛情っていうのは、お金に変えられないんだよ。

ちなみにこのフロリアンさんの肖像画は210万ユーロ、日本円にして約2.6億円という記録的な高値で落札されたのです。

愛する人を描く時は、いつも以上に力が入っていたのでしょうか?笑

なんともロマンティックで、映画にでもありそうな話ですね。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 経験人数3桁のビッチ小学生の現在。中3になった今の姿が衝撃だった。