業界人に聞いた歌が上手いor下手な人歌手TOP5

歌手はプロですから、歌が上手くて当然だと思っていませんか?
実はよくよく調べてみるとそうでもない人がいるようなんです・・・!



スポンサーリンク

歌上手い歌手

歌手の中でも、「この人は上手い」という人をピックアップしました。

1.宇多田ヒカル

実は、努力もさることながら生まれながらにして天才。
父親は音楽プロデューサーである宇多田照實さん、母親は演歌歌手で活躍していた藤圭子さんであるサラブレッドで、一般の人がなかなか出すことができないオクターブの領域を超えて発声することができます。

1stアルバムである「First Love」は累計売上枚数765万枚を超え、日本国内の歴代アルバムセールス1位になっています。
続いて2ndアルバム「Distance」では初週売上枚数が歴代1位となる300万枚を記録しています。

楽曲「First Love」は地声で2オクターブ必要ですが、地声で悠々と歌えます。一般の人が歌うととても普通に歌うことができない楽曲となっているんです。

頭も良く、小学校の時に2年、大学の時に1年飛び級をしています。

2.中島みゆき

オリコンで、4つの年代にわたってシングルチャート1位を獲得した唯一のソロ・アーティスト。

年代を問わず人気のミュージシャンなのではないでしょうか?「時代」、「ひとり上手」、「糸」など、多くの方が親しめる曲を提供していますね。

宇多田ヒカルと中島みゆきは音楽性は異なるものの歌番組でも撮り直しがないようで、パーフェクト具合がここからも伺えます。

3.玉置浩二

人気ロックバンド「安全地帯」のボーカルや、俳優としても活躍している天才。

山下達郎は「日本で最も過小評価されているミュージシャン」
Mr.Childrenの桜井和寿は「天才であり最も尊敬するミュージシャンの一人」
徳永英明やコブクロの黒田俊介は「日本一歌が上手い」
スキマスイッチの大橋卓弥は「最も尊敬するボーカリスト」

とコメントしており、さらには、いきものがかりの水野良樹も自らの音楽活動が玉置のそれに多大な影響を受けたと公言されています。これだけ人気のアーティストが尊敬するのですから、よほどすごいんでしょうね。

4.久保田利伸

日本で周知されておらず、市民権がなかったブラックミュージックと呼ばれるジャンルを浸透させた第一人者。

「ブラックミュージックのパイオニア」とも言われています。ハイトーンボイスが半端じゃないです。

5.Superfly

身長が153cmと小柄ながら、パワフルで高い音まで歌いこなす声量が特徴です。
代表曲と言われているのは「愛をこめて花束を」で、16歳で書いた詞。デビュー前からずっと歌い続けてきた曲となっています。結婚式でもとても人気がありますね。


スポンサーリンク

歌下手な歌手

歌手で、歌が下手な人もどうやらいるようです。噂されている人を紹介します。

1.YUI

業界では「雰囲気アーティスト」とも言われており、歌唱力のみで評価するなら”下手”といえるレベルなんだとか。また、天然でも知られています。

2.板野友美

AKBでのキャリアで疑うまいと思いきや、そうでもなさそうです。一説によると歌は素人レベルとも言われています。
普通2年も練習していれば素人でもそれなりに上手く歌えるようになるようですが、あまり努力を感じられないような歌だそうです。

3.山下智久

テレビ番組「ミュージックステーション」の生放送中にマイクスタンドが倒れたのに歌声は止まなかった口パクエピソードもあります。
俳優としても活動していますが、演技に関してもあまりいい声を聞きません。

4.中居正広

日本テレビ系番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」では「5人で歌っているところ、俺、歌ってないです。もうここ5年くらいは、口も動いてません!」というカミングアウトも行っているほど。
歌手として活動しながらのこの発言は不思議としか言えません。

5.剛力彩芽


事務所の意向なのかわかりませんが、CDデビューは本人が気の毒なレベルです。
何度か生放送の歌番組にも出ていますし、口パクに頼らないケースもあったので、世間にも下手なことはバレていると思いますが、
今後はもう歌は諦めたほうがいいですよね

歌がうまいor下手にはもちろん賛否両論あります。そもそも、歌唱力が高いという要因は様々であり、歌手の年齢や歌い方、歌のジャンルや曲そもそもの差(高音、低音など)でも全く異なります。

同じ曲を違う歌手が歌ったとしてもそれぞれで良さがあり、審査する人の価値観によっても変わってしまうところなので一概には言えません。注意しましょう。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 浜崎あゆみの酷すぎる現在。顔も歌声も劣化したと話題に。