朝目覚めるのが早い人はうつ病のサイン?(衝撃の事実発覚)

3846be9e-s

早すぎる目覚めはうつ病のサイン

衝撃の事実が発覚しました。


スポンサーリンク



うつ病のサインはわかりにくい?

・今まで興味のあったものに全く興味を持たなくなった

・気持ちの落ち込みが2週間たっても回復しない

・食欲が低下する

・集中力がなくなる

・思考能力が低下する

・うまく話せなくなる

些細なことでイライラする

 

などで、

これらがあったらうつ病の可能性が高いです。

 

しかし、いつから始まったかはっきりしないので、

こうした症状は早期発見の手助けにはなりにくいようです。

 

注目は「早朝覚醒」

早朝覚醒とは起きようと思っている時間より

ずっと早く目が覚めることで、「睡眠障害」の一つです。

 

睡眠障害には、なかなか寝つけない「入眠障害」と、

夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」もありますが、

うつ病に伴う睡眠障害には早朝覚醒が多いので、

うつ病を早期発見するサインになります。

 

重症化を防ぎ、早期回復に期待

人は加齢に伴って目覚めが早くなりますが、

働き盛りや若い世代の人が

午前3時、4時といった時間に目が覚め、

そのあとなかなか眠れないとしたら、心が疲れている証拠です。

 

さらに、その状態がほぼ毎日、2週間以上続いているなら

うつ病の可能性があります。

 

自分自身、またはパートナーに早朝覚醒が続いているなら、

できるだけ早く精神科か心療内科を受診してください。

 

せっかくサインに気づいたのですから

早く治療を始めない手はありません。

 

治療を早く始めれば重症化を防ぐことができ

早い回復が期待できるでしょう。

 

睡眠障害が体にもたらす異常

眠れない生活は体にかなりの負担になっています。

 

特に、暑い日が続くと

体力的にはかなりしんどい状態です。

 

日中、通院などで出かけると、

必ずといって良いほどバテバテになってしまいます。

 

それだけバテバテになっても、

夜、眠れないのですから始末が悪いです。

 

1日を通して、ずっと頭が重く、

思考がマヒしたような状態になっています。

脳の奥の方、頭の芯の動きが遅い印象です。

 

また、

頭の重さは身体にも変調をきたします。

 

身体もだるく、重い感じが続いているのです。

ちょっとした買い物でさえ億劫に感じてしまうほどです。

 

当然、思い通りに身体が動かないため、

いつもイライラしています。

イライラの後には自己嫌悪。よくないパターンです。

 

うつ病に対する偏見

うつ病に対する偏見は依然として存在しています。

 

そのため、早期に自覚症状があったとしても、

病院を受診せず、無理をするケースが多発しています。

 

うつ病は、重症化する前の早期に精神科を受診し、

適切な診断を受ければ、容易に治癒する病気です。

 

そのためには、

周囲の理解とうつ病に対する偏見をなくすことが肝心です。

 

うつ病は、重症化すると自ら命を断ったりする危険な病気です。

 

そうならないよう、

早期治療、早期療養を心がけて欲しいと思います。


スポンサーリンク