結婚式で絶対やっちゃいけないマナー違反!あなたは大丈夫?

知らなきゃとっても失礼な結婚式のマナーを大公開!!

まさか、やってませんよね?



スポンサーリンク

結婚式のマナー違反!

結婚式は多くの人にとって一生に一度の晴れ舞台です。

そこに呼ばれるからには台無しにしてしまわないように
マナーをしっかり守る必要があります。

結婚式のマナーを知らずに参加して新郎新婦、ご家族に迷惑がかかることも・・・

そのようなことがないようにマナーをしっかり覚えておきましょう!

一番気を使うのは「服装」

結婚式に招待された人達を悩ませる代表的な問題は「服装」が多くを占めてますね。

服装にもマナーがありますのでマナー違反にならないように気をつけないといけません。




スポンサーリンク

アクセサリーは?

結婚式でアクセサリーを付けたいのであればパールアクセが一般的で無難な系統です。

パーツであれば、光りすぎることもなくどんな
ドレスにも合わせることが可能なので、オシャレに着飾ることが出来るでしょう。

結婚式では定番なアクセの一つです。

輝きの強いキラキラとするアクセサリーは結婚式では最も嫌われる要素の一つです。

宝石などの大きくて光化が輝いているものは暗闇や光の反射で必要以上に目立ってしまいます。

そうなると主役の花嫁のメンツもあったものではありません。
控えめのアクセサリーを使用しましょう。

時計はマナー違反?

意外と思われることが多いですが、結婚式で時計をつけるのはマナー違反とされています。

時計は時間を測るものなので、早く席を立ちたいなどの
イメージを連想させてしまうとされて、マナーとしてはあまりよくないようです。

ご祝儀のマナーは?

結婚式で気になるマナーと言えば、やっぱりご祝儀です。

「みんないくらぐらい包むものなの?」というのがとっても気になるかと思います。

結婚式に招待された時のお祝い金(ご祝儀)の相場は以下のようになっています。

15

上の表を見て「あれ!?2万円って良いの!?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

よく結婚式のご祝儀に「割り切れる数字」は縁起が悪いからダメと言われますが、

最近は2万円という金額も広く受け入れられているのが現状です。

やはり不景気の煽りがこのような場にも表れるようになり、
「少しでも安くで済ませたい」という多くの方の希望がその原因の一端となっているようですね。

また、最近は「会費制」の式も多くなりました。

こちらだと「ご祝儀にいくら包もうか…」と悩まなくて良いので参加する方としては楽ですよね。

以上の点を押さえたら参加する側としては十分OKと言えるでしょう!

気になるマナーをしっかり押さえて新郎新婦の晴れの舞台を素晴らしいものにしてあげましょう!

稀に新婦より派手ちゃうかという人も見かけますものねえ。マナーはちゃんと押さえて置きたいものです。

ネットの反応

・今月参加しないといけない結婚式が

2件も有るんだよ・・・お金が・・・

 

・肩出してる子ちょいちょい見かける

あれは見苦しい

 

・白を着て来る子も居るね

白は花嫁の特権って分かりそうなものなのにね

 

・気持ちが一番大事!とは言え、

こういうの知らないと恥かくからなぁ

 

結婚式に招待された時、

女性は特に「何を着て行こうか」と悩むものです。

 

いろいろ悩んでいる内にワケが分からなくなって

NGアイテムを選んでしまう、

ということが無いように気を付けましょう!


スポンサーリンク

関連記事

⇒ ラブホテルの監視カメラを配置してる場所。これはアカン!

結婚式で絶対やっちゃいけないマナー違反!あなたは大丈夫?


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!