生活保護の金額に唖然…年収が1150万円超えてるんだが・・・

生活保護の金額に唖然…
年収が1150万円超えていると話題になっています。

そりゃ働かない人が出てきますよね・・・



スポンサーリンク

生活保護での年収が1150万円超えている

生活保護の実態で

「生活保護受給世帯はどれだけいるのか」
「実際、受給世帯当たりどれくらいの費用がかかっているのか」

ということに関心が集まっています。

現状では市区の生活保護費の合計額で最も多かったのは東京都の6045億円

次いで大阪府の5896億円神奈川県の2903億円・・・
となりますが、人口数によってその順番は少し変わる。

受給世帯当たりの生活保護費が最も高かったのは
神奈川県の年間1154万7005円となっている。

現実として本当に必要な人に適用されるべきなのに、
本当に必要な人間は餓死して、楽したいだけのクズが受給してるという問題も未だにあります。

また、生活保護を受給すること自体が恥だと思う人も少なからずいます。

生活保護の受給は恥?

「生活保護をもらうなら死んだ方がマシ」。少ない年金収入でも生活保護受給を「恥ずかしいこと」と捉える高齢者が少なくありません。

生活保護制度は「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と規定する憲法25条の理念に基づいて運営されています。条件さえ満たせば、無差別平等に保護を受けることができます。困窮の原因は問われません。

しかし、一部の不正受給者の影響で制度利用に対するバッシングや批判が多くあります。

そのため、生活保護だけは嫌だと思う人多く、実際に働けず困窮になった高齢者の男性も無年金状態でしたが、生活保護には頼りませんでした。

この男性は生活もままならない状態になったため、サラ金から借りようとしていましたが、市役所のケースワーカーが「こんなに困るまでがまんしなくていいですよ」と言うほどの困窮ぶりだったため、生活保護受給を提案。

男性は「ありがとう」と涙を流しながら申請書類を書きました。しかし、その後、自殺を図ってしまいました。

男性は保護費を受け取りにくるたびに「ほんとに申し訳ない、申し訳ない」と頭を下げ、謝っていたそうです。

遺書にはこう書かれていました。

「この年になってお国の世話になるのは本当に申し訳ない。だから命を断ちます」

増え続ける生活保護受給者

現在、不正だけでなく、そもそもの生活保護世帯の数がとんでもない事になってることを知っていますか?

なんと世帯数は、3か月連続で最多を更新し続けています。

生活保護世帯数

2016年10月時点で生活保護を受けた世帯が前月より964世帯多い163万7866世帯となり、3か月連続で過去最多を更新したと発表されたのです。

65歳以上の『高齢者世帯』が、前月より985世帯多い83万6387世帯となり、全体の半数を占めたのです。このうち約9割の75万8377世帯は単身世帯だと言います。

このほか『傷病者・障害者世帯』は43万601世帯。『母子世帯』は9万9131世帯でした。

とんでもない数ですよね…。

増え続ける生活保護受給者。しかし、その中には不正を働いている人も多くいるのが事実なのです。

生活保護の二重取りの件数が…

生活保護の人数が1番多いのは大阪市というデータが出ています。

生活保護人数

その大阪府警が逮捕・勾留した容疑者のうち、生活保護費の受給や受給の可能性が分かったのは、2014年7月から2016年10月までに1644人になるといいます。

府警の独自制度に基づき、容疑者情報を通知された大阪市と東大阪市では計1169人への支給を事実上停止しました。

これは、勾留中の『二重の生活保護』を防ぐ結果となっています。

ただし、残る475人は府警との間に通知の協定がない自治体から受給していた可能性が高く、大半が逮捕後も不要な支給が続いていたと思われます。

詳しい方法は、勾留中の容疑者が受給していると情報があった場合、自治体へ通知するのです。

そして自治体は支給方法を口座振り込みから窓口払いに変更し、容疑者が勾留中は保護費を受け取れない仕組みにしたのです。

こうした制度は今のところ、大阪以外にはありません
この制度のおかげで、2014年7月からの2年4ヶ月で少なくとも約6400万円の過払いを防いでいるそうです。

これだけの成果が大阪ででてるなら、全国共通にしたらいいのに…。

政府も変な対策とかの話するより、こっちのがよっぽど国民のためだと思うけどな。


スポンサーリンク

三重受取りまであった!?

生活保護を二重で受けているのにも頭くるのに、なんと三重で受け取ってる人がいたというのです!信じられません…。

発覚したのは、ケータイの通話記録のおかげでした。

2014年1月、静岡県警が別の窃盗事件で逮捕した住所不定、無職春日野美保被告(48)。

彼女の携帯電話の通話履歴を調べていたとき、東京都三鷹市と神奈川県相模原市から同時に生活保護を受けていたことに気づき、三鷹市に連絡したのです。

春日野被告は、三鷹市で09年5月から生活保護を受けていました。しかし、相模原市からも12年12月から13年9月まで同時受給していたのです。

支給を打ち切る14年1月までに、相模原市は約176万円をだまし取られたということになります。

そして、それだけではありません!

なんと13年10月からは、神奈川県藤沢市からも約85万円を不正受給していたことも発覚したのです。さらに13年3~5月は、神奈川県川崎市からも約64万円を不正受給。

静岡県警は14年9月1日に春日野被告を再逮捕しています。この期間は、3市から三重受給していたことになるのです。

調べによると、春日野被告は、東京都の文京、中野、世田谷、豊島の各区や武蔵野市からも不正受給していた可能性があるのです。

8市区での受給額は計1300万円にも上ります。三重受給の期間は、ほかに3回あったともされています。

6年で1300万ってことは、月18万ぐらいか??

生活保護ほしくてもおりない人もいるのに、なんでこんなんが起きるんだか。
おかしいだろ…。

ネットの反応

・審査がザルすぎる

・不正が出来る仕組みをなくせ!

・どうせこんなの氷山の一角でしょ

・マイナンバー制度の導入で、このような犯罪を減らさないとだめだ

・これでは働かないで生活保護を貰い続けた方が良いと思う奴が出てきて当然だよな

このような怒りの声や指摘が多くみられました。

不正が増えたのは、国民の意識が変わったからだといいます。

1990年代までは、生活保護受給者の約87%が高齢者でした。
しかし、2000年代以降は現役世代でも受給する人が急増し、『困れば誰でも受給できる』という意識が広がってしまいました。

それが不正受給増加の要因の1つになっていることは間違いないでしょう。

生活保護

生活保護で支払われるお金は、私たちの税金からです。本当に必要な人に届かないのでしたら、税金なんて払いたくないですよね。

不正を防ぐためにシステムなどを用いたらお金がかかるものだとは思います。しかし、そこを気にして対策をしないのはどうなんだろ…。

正しいことにお金は使っていってほしいですね。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 生活保護で月額11万円なので食費が1日260円。減額するなと主張してるが・・・

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

生活保護の金額に唖然…年収が1150万円超えてるんだが・・・


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!