加計問題の内部告発者、処分決定?安倍政権の今後に心配しかない…

加計問題 内部告発者

現在、国会で問題になっている『加計問題』。それについて内部告発をした人を処分する可能性が出てきているのです!

一体、どんな方向に進んでいくのでしょうか…?



スポンサーリンク

加計問題の内部告発者が処分される?

安倍首相の友人が理事長を務める学校法人『加計学園』の獣医学部新設問題

そこで、「総理のご意向」と書かれた文書の存在があった告発されました。

その文書を告発した文部科学省の内部告白者を処分することを決めているようですね。

実際に今月6月13日の参院農林水産委員会で、義家弘介文科副大臣は国家公務員法違反(守秘義務違反)での処分を示唆したのです。

それに対し、自民党の森ゆうこ氏は、

「文部省の文書再調査は犯人探しのためにやっているという話も出ている。

今回告発した人は公益通報者にあたると思うが、権利を守る意識はあるか」

と義家氏に尋ね、その返答は

「文科省の現職職員が公益通報制度の対象になるには、告発の内容が具体的にどのような法令違反に該当するのか明らかにすることが必要だ」

と言うことでした。

結局、自分が可愛いということなんでしょうかね?

一般論とした上でですが、義家氏は

「非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可無く外部に流出されることは、国家公務員法(違反)になる可能性がある」

としています。

部下を守ろうという気持ちは一切、ないのでしょう…。

ネットの反応

・告発内容が法令違反を告発したモノでないなら、告発者は公益通報者ではなく、国家公務員法の違反者に当たる、という事やね。

・犯罪の証拠でも何でもないものを改ざんして流出させた。告発じゃないですね。

・ なんで法令違反してない文書を公開したの?そこ聞きたいわw

・最初の調査で出さずに、勝手に文章流出させるってどうなの?

いろいろ思うところはあるんでしょうね。

謎だらけですもんw

しかし今回のことで、安倍政権が進む先にあるのはとんでもない社会になることが予想されます…。


スポンサーリンク

安倍政権の進む先が…

内部告発者の処分で大きな問題は、『内部告発させない社会』ということではないでしょうか?

「総理のご意向」と書かれた文書について、告発者が何か考えていたのかは分かりませんが、犯罪の証拠でもなんでもないわけですよね。

だとしたら、実際に問題があったときにそれを示す文書を告発した場合、どんなことになるのでしょう。

現状の社会だったら・・・

告発をなかったことにする可能性が高いと思います。

発見したとしてもなかったことにし、問題があることを示す文書や告発的な文書を調査しない

その言い訳として、

・存在を確認できない。

・出どころ、入手経緯が明らかにされていない場合は、その存否や内容の確認の調査は行わない。

・一民間人が何を言おうと調査しない。

・意思決定過程は示さない。

などと繰り返すのです。

つまりは・・・

内部告発があっても調査しないし、公文書管理などどうでもいい。

そう言っているようなものですよね。

とんでもない社会…。

自分が良ければいいのか…。

こんな議員しかいない国会に求めること事態が間違っているのでしょうか?
⇒ 国会議員がここまで居眠りするのはどうして?その理由には闇が、、、

もっと国民のことも考えて、議論を進めてほしいなぁと思わずにはいられません。


スポンサーリンク
記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

加計問題 内部告発者

加計問題の内部告発者、処分決定?安倍政権の今後に心配しかない…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!