何してんだろ?白杖を掲げる視覚障がい者。助けを求めるSOSが…

『白杖SOSシグナル』知ってます?視覚障がい者の人が困ったときにやるサインのことなのです。
全然知らなかった…。

しかしこれ、知らないのは健常者だけじゃないんです!



スポンサーリンク

助けて!「白杖SOS」

視覚障がい者の人が、白い杖で地面をたたいて歩いているのは見たことある人も、知っている人も多いと思います。

しかし、その白い杖を頭上に掲げることが「助けてほしい」というサインだということを知っている人はほとんどいないでしょう。

このサインのことを『白杖SOSシグナル』というのですが、その名の通り、白杖でSOSを発しているのです。



手に持っている白杖をまっすぐ頭上約50センチ上に上げる事で、助けが必要なことを周囲に知らせているのです。

現在は、全国でも少しずつ普及しているようですね。
私はまっったく!知らなかったですが・・・

新聞に載ったおかげでTwitterなどのSNSでも話題になりました。





実はこのマーク、1997年に福岡県盲人協会が考案したのです。

現在は2017年・・・。
20年たっても知っている人は極わずかです。

たとえ、『白杖SOSシグナル』をしている人を見かけたとしても、知らなかったがために素通りしてしまった人もいるかもしれません。

視覚障がい者の人にとって良いものでも、その認識が広がらなければ意味はないでしょうね。


スポンサーリンク

広がらないほうが…反対意見も?

多くの人に広まれば、過ごしやすくなりそうな『白杖SOSシグナル』ですが、普及に反対する人も少なくないのです。

「は・・・?なんで?」

そう思った人もいるでしょう。

しかし、健常者だけでなく視覚障がい者の中からも異を唱えている人もいるのです。
反対派の意見は、意外なものでした。

実はこの『白杖SOSシグナル』
視覚障がい者の人でさえ、知らないことが多いんだそうです。

盲学校で白杖を使った歩き方を習うときにさえ、教わらないのが現実。
リハビリセンターなどでも、言われないそうです、

つまり・・・
SOSシグナルは公式に白杖使用者に知らされたことがないのです!

これ、めっちゃ問題ですよね!!
というよりも、使用者が知らないって問題しかないよ!?
考えて広め始めたやつ、ばかなの?あほなの?

現在、その事実があるので考慮して考えると、
『困ったとき=白杖SOSシグナル』

この考えが広まってしまうと、
『白杖をかかげていない=困っていない』

この考えも普及してしまうのでは?と懸念している人が多いのです。
「困ってるようにも見えるけど、杖上げてないからいいや」

そう思う人が増えたとしても、なんら不思議はないですよね。

ますは、白杖を使用している、もしくはその訓練をする場所などで徹底して、困ったときには『白杖SOS』を教えるべきでしょう。

そうでないと、何も知らずに迷って事故に遭った視覚障害者が「白杖上げてなかったなら自己責任」と言われる時代が来るかもしれないですから・・・。

ネットの反応

・見える生活をしている私達は、心の目も見開かなければね。無関心では、見えていても盲目と同じだよ

・わざわざ啓発するような事でもないし、啓発したいならまず全国31万人の視覚障害者全員に「困った時は白杖を上げることに決まりました」と知らせるのが先でしょう。

・白杖ユーザーを見かけたけどSOS出してなかったから声かけなかったってツイートいくつも目にしたよ。

・わたしの周りには「白杖SOSが一人歩きしてしまい困っている。 コミュニケーション力の低下が心配される」など、白杖SOSに反対の視覚障害者が多いようです。

・てか、なんでこれ最初に使ってる人の伝えなかったん?新聞で広めたって結局見えない人は読めないじゃん。

これからは、関連団体が前にも増して普及に努めていくようです。

しかし、現在はこのシグナルだけが一人歩きしている状態なのは否めません。

早く広めていかないと、とんでもない事件が起きてしまっても不思議でない状態です。

目の不自由な人がいたらほんの少し注意して見守り、困っていると思った時はもちろん、例え困っているように見えなくても、このままでは危険だと思ったときには声をかけるようにする。

本当に必要なのは「白杖SOS」の普及にだけでなく、そういったことを当然にできる社会になることなのでしょうね。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 障害者の為の「セ◯クスボランティア」…とんでもない内容が判明…

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

何してんだろ?白杖を掲げる視覚障がい者。助けを求めるSOSが…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!