薬物の副作用で顔面が完全に崩壊した人間。怖すぎる…(画像あり)

薬物の副作用で顔面崩壊

覚醒剤の恐ろしさを再認識できますね。

これは怖すぎる・・・

(グロいので閲覧注意)


スポンサーリンク

薬物の副作用の恐ろしさ

日本では商品名ヒロポンとして販売されていますが

メタンフェタミンは強い中枢神経興奮作用をもっています。

 

そのため、使用は厳しく制限されており

「限定的な医療・研究用途での使用」

となっています。

 

しかし、この強い中枢興奮作用や

精神依存、薬剤耐性により

反社会的行動や犯罪につながりやすいのも事実。

 

日本ではメタンフェタミンは覚醒剤に指定されている薬物です。

 

覚醒剤の副作用として

不安、興奮、頭痛、不眠、手のふるえ、動悸などが起こります。

 

自律神経のバランスが崩れ、

皮膚への刺激で赤い斑点が出やすくなります。

 

自律神経失調で湿疹やかゆみも出やすくなります。

 

無意識に吹き出ものをつぶしたり、

痒くなって引っ掻く事も多く皮膚に赤斑が残ることが多いのです。

 

その様な覚醒剤の怖さを知っていただくために

副作用で顔面が大きく崩れている画像を10選します。

スポンサーリンク

1.27歳と30歳との比較

methamphetamine_01

 

2.36歳と39歳との比較

methamphetamine_02

 

3.恐ろしいほどの変化

methamphetamine_03

 

4.ここまでにボロボロに・・・

methamphetamine_04

 

5.痩せ細り、歯も抜ける

methamphetamine_05

 

6.老け込んで33歳とは思えません。

methamphetamine_06

 

7.もはや別人・・・

methamphetamine_07

 

8.皮膚に酷い赤斑が出ている

methamphetamine_08

 

9.左側が覚醒剤の副作用です。

methamphetamine_09

 

10.この女性、なんと23歳。

methamphetamine_10

 

覚醒剤は依存性が強く、

中毒になる危険が大きいのです。

 

また、副作用も相当ありますので

絶対に手を出すべきではありません。

 

ネットでの反応

・覚醒剤は、興奮状態を維持するんだ

 

・クスリを覚えたら終わり!

 

・習慣性があるからなぁ

 

・日本でも外国でも、薬物中毒は悲惨なんだ!

 

薬物汚染は、一般社会でも大変大きな問題です。

 

メタンフェタミンは覚醒剤として、

裏社会を通して拡散しています。

スポンサーリンク

関連記事

⇒ 薬物の危険が一目瞭然の写真がアメリカで話題に。(閲覧注意)