薬物の危険が一目瞭然の写真がアメリカで話題に。(閲覧注意)

『薬物は怖い!』と言っても、イメージが湧きづらいもの。

今回は薬物の危険が一目瞭然の写真を紹介します。

グロテスク過ぎると批判意見もありますので、閲覧注意です。


スポンサーリンク



薬物の危険を訴えるための写真

アメリカ・オハイオ州のイーストリバプール市警が

2016年9月8日にFacebookで公開したのは、

薬物の危険を訴えるための写真。

 

それは啓蒙のために撮影された写真ではなく、

実際の事件現場で撮影された写真なのです。

 

写っているのは、

運転席で意識を失いかけている男性、

助手席で意識を失って死体ようになっている女性、

そして後部座席にいる小さな男の子。

 

0915_d1

0915_d2

 

賛否両論の写真

写っているのは、

イーストリバプール市在住の

ジェームズ・アコード(47)とその妻ロンダ(50)、

そして4歳になる2人の息子です。

 

2人は家でヘロインを使用していたといい、

妻のロンダが過剰摂取で意識を失ったため、

夫のジェームズは自分もヘロインを使用しているにも関わらず

妻を車で病院に運ぼうとした結果、

途中でスクールバスにぶつかりそうになるなど危険運転!

 

通報を受けたイーストリバプール市警が

蛇行運転を繰り返していたこの車を停車させた時、

運転席の男性は意識が朦朧とした状態で、

女性は意識を失っていました。

 

幸いなのは、4歳になる息子は後部座席で無事。

意識朦朧だった夫は事情聴取中に意識を失ったとか。

事故で他人も巻き込むこともなく、

不幸中の幸いだったと言えます。

 

現場に駆けつけた緊急隊員は、

夫婦を蘇生させて夫婦2人とも無事だったとのこと。

 

しかし薬物中毒の恐ろしさ多くの人に知ってもらおうと、

警察はこの写真にメッセージを添えてFacebookに投稿しました。

 

あまりにグロテスクな光景を撮影したこの写真には、

薬物の恐ろしさを伝えるには必要であるという賛成意見と、

グロテスク過ぎるとの批判意見の両方が寄せられています。

 

ネットの反応

・子供が可愛そう、子供の将来が心配だわ

 

・子どもやスクールバスを巻き込んで

事故してたらシャレならなかったな

 

・子供は親を選べない

 

・どこの国にもDQN夫婦がいるもんだな・・・

 

写真の掲載には賛否両論ありますが

薬物をやってはいけないとの思いは皆同じだと思います。


スポンサーリンク