小6女子の『薬物に誘われた時の断り方』が酷すぎる!と話題に。

cxp-1

いつの時代もテレビを騒がせている違法薬物問題

うまい誘い文句で近づいてくる売人。

それに対して小6の女の子の断り方がヤバイ

今ネットで話題になっています。



スポンサーリンク



 

薬物を誘われた時の断り方

現在、話題になっているのは、

Twitterに投稿されたある一連の画像。

その投稿主さんには、小6の妹さんがおり

その妹さんについてのツイートです。

 

妹さんのクラスであるプトントが配られました。

それが4コマ漫画仕立てになっていて、

『薬物の上手な断り方』について考えるという

趣旨で渡せれたものです。

 

それが、これ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-10-13-48

 

『薬物をさそわれたときに、じょうずに断れる方法を考えてみましょう。』

小学生でこんなことを教えないといけない

ということにもゾッとしますね・・・。

 

では実際に妹さんはどのうように断ったのでしょうか。

順番に見ていきましょう。

 

1コマ目は、

「眠気が覚めて、すっきりして、ダイエットによい薬があるよ」

ありがちなセリフですね。

1139

 

2コマ目。

女の子は困ったような表情で、不信感募らせています。

しかし男性はそれとは裏腹に、終始にこやかに接しています。

1140

 

3コマ目。

女の子を安心させるために

「ビタミン剤と同じだよ」

「みんな飲んでるよ」

などと男性は笑顔で続けて言います。

1141

 

もしかしたらこの時、

女の子の目にはこの男性が『優しいおじさん』と

写ってしまうことがあるのかもしれません。

 

こういうクズがいるからダメなんですよね・・・。

 

1回ぐらいだったらいいかな?

そんな好奇心で手を出してしまう人がいるかもしれません。

 

しかしはじめが肝心です。

ブレずに断る気持ちが大切です。

 

では、妹さんの断り方とはどんなものだったのか。

それがこちらです。

1142

 

「いやどうみたってこんなスリムで超絶美人の女の子に

きったねぇ大人の男が話しかけるのは怪しいだろ。

この社会のクズめ。死んで詫びろや!」

 

これは・・・すごいですね・・・!(笑)

セリフのチョイスが過激で口悪くてびっくりです!(笑)

 

超絶とか、死んで詫びろとか

どこで覚えてくるんですかね・・・?

 

しかし、ニュアンスは正論そのもの。

妹さんの完全勝利でしょう。

 

ここまできっぱりと断られたら、

さすがに売人も何も言えないでしょうからね。

 

お姉さんは絶句・・・

一方でお姉さんは

このプリントを見て衝撃を受けたようで、

このようにつぶやいています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-10-38-16

 

お姉さんも知らないうちにたくましく成長していたんですね。

そんな妹さんには、このような声が相次いでいます。

 

・やばいうける笑

 

・ボキャブラリーww

 

・天才、最高すぎる!

 

・うむ。頼もしいwww

 

大ウケです。

小学生ながら過激な発想とキレッキレのハイセンスぶり。

これからどんな大人になるのか、楽しみですね。

 

模範解答だと支持する声も

プリントで出題されたのは『上手な断り方』

しかし、こういう場合は上手に断る以上に、

はっきり断るべきだという声も上がっています。

 

その点、口の悪さはあるものの

はっきり断っている彼女に賛同の声も少なくないです。

 

・「上手に」じゃなくて そこは

「はっきり」断るべきでしょ!

このプリントの問題文 考えたやつ ちょっとズレてるよ・・・

 

・妹さんは完璧な対応。立派です!

 

・超模範解答ですwww

 

・参考にしよう。

 

私たちも今後、違法薬物に誘われるようなことがあったら、

彼女のように「きっぱり、はっきり」断らないといけませんね。

 

薬物に1回だけなら・・・

そんな甘い考えは通用しないですから。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 小2算数で『8×7+17=73』を担任教師が不正解にした驚愕の理由