俳優の山田裕貴、父親(元プロ野球選手)からの激励と親子愛

芸能


俳優の山田裕貴の父親である、山田和利の経歴を見ていきましょう。

山田和利は、高校野球の名門校である東邦高校(愛知県)の出身です。 高校卒業と同時に1983年、ドラフト4位で中日ドラゴンズに入団します。

@gobou1979)さんの投稿

パンチ力がセールスポイントであり、1989年には1試合3本塁打という記録を残しています。

・1991年にはトレードで広島東洋カープに移籍。

・1995年に故障のルイス・メディーナに代わりファーストの定位置を獲得、チームの2位躍進に貢献。

・1996年に中日で星野仙一が監督に復帰すると、中日ドラゴンズに復帰。

最後は、故障により選手生活を引退します。引退後はコーチに就任し、その後フロント入りも果たしますが、2015年から現在に至るまで広島の二軍守備・走塁コーチを務めています。

山田裕貴の父の和利、息子へ激励の言葉・家族愛

幼い頃は父の背中を追うように野球に打ち込んでいた、山田裕貴。

親子2代プロ野球選手という夢は叶いませんでしたが、持ち前の行動力と真面目さを生かして俳優の道へ進みました。

芸能活動をする息子・裕貴に対し、父親はどのように思っているのでしょうか。

裕貴は度々、インタビューなどを通じて家族の応援があることを明かしています。

出演したドラマや映画の感想を送ってくれたり、演技力の高さを褒めてくれる言葉をかけてくれたりするのだとか。

野球界とは全く違う業界で頑張る息子の仕事に理解を示し、応援してくれるなんて素敵な親子・家族愛ですね。

裕貴が父親を誇りに思うように、父和利にとって裕貴は自慢の息子なのでしょう。

俳優の山田裕貴の家族構成と今後の活動


1 2 3