山本圭一が起こした不祥事は何だったのか?被害者の写真付きで解説。

7月30日の18時30分より放送されためちゃイケで、

めでたく復帰を果たした。

なぜ山本圭壱は芸能界から追放されたのか。

その真相を探っていく。



スポンサーリンク



花火大会で未成年女性をナンパ

事件が起きたのは2006年7月15日。

その日、山本圭一は萩本欽一が率いる野球チームでの遠征試合があったために、北海道の函館市にいた。

北海道で行われた花火大会で山本圭一は女性をナンパし、花火大会が終わったあとはその女性と居酒屋に飲みに行った。

居酒屋ではその女性の友達も参加したという。

そして、女性が17歳の未成年であるにもかかわらず、女性も一緒にお酒を飲んだ。

 

その後、ホテルに連れ込む

お酒を飲んだあとに、山本圭一が泊まっていたホテルに連れて行き、そこで行為を行ったという流れである。

報道では、山本圭一がその女性にお酒を飲ませて無理やりホテルに連れて行き、乱暴をしたあとに性的暴行を行なったと報じられている。

つまり、山本圭一が行なった不祥事というのは、17歳女性にお酒を飲ませ、ホテルに連れて行き、乱暴をしたあとに淫行を行なったということである。

 

17歳女性が被害届を出す

山本圭一が乱暴や性的暴行をしたとされているのが7月16日の深夜である。

そして17歳女性は、7月16日に北海道函館西署に被害届を提出した。

その被害届の内容は、

「お酒を飲まされ、みだらな行為をされた」

というものであった。

それがマスメディアに大きく取り上げられ、

「山本圭一は17歳女性に性的暴行を加えた」

というフレーズが新聞やテレビなどの一面となっていったのである。

吉本興業から解雇される

その後、7月18日には早くも吉本興業からの解雇が言い渡されることとなった。

吉本興業が出した解雇を伝える通告は、以下のとおりである。

「本日、弊社は、極楽とんぼ山本圭一の専属芸能家契約の
解除をいたしました。
その理由は、山本において未成年者との飲酒行為及び淫らな行為があったためです。
弊社といたしましては許されざる反社会的行為に該当するものとして上記処分といたしました。」

その後、所属していた萩本欽一の野球チームも、メンバーの管理ができなかったとして責任を取るという理由で解散になった。

 

加藤浩次が号泣して謝罪

今回のわいせつ事件に関して、相方の加藤浩次はニュース番組「スッキリ」で号泣しながら謝罪をした。

スッキリの番組が始まると、

「冒頭なんですけど、今回相方の山本が未成年の17歳の女性と、飲酒そしてみだらな行為を行なったという報道については、相方のわたくし加藤といたしましても深くお詫び申し上げます。」

という言葉から始まった。

スクリーンショット 2016-07-30 21.53.26

 

そのあとに続けて、

「16年連れ添った相方がこういった形で、、、」

ここで加藤は泣いて言葉をつまらせてしまう。

 

スクリーンショット 2016-07-30 21.55.52

 

そして続けて、

「16年連れ添った相方がこういった形で、、、、報道されるというのは、すごい腹が立つし、情けないし、ちょっと気持ちの整理がついてない状況です。」

と告げた。

謝罪の最後には、頭を深々と下げた。

 

スクリーンショット 2016-07-30 21.59.20

 

16年間もコンビを組んできて、辛いことも成功したこともともに分かち合ってきた相方が解雇されるという苦しみと、それでも山本圭一が犯してしまった未成年への性的暴行という罪深さに、加藤は気持ちの整理がつかなかったという。


スポンサーリンク



17歳少女の写真が雑誌に掲載された

事件後、未成年の女性が週刊誌のインタビューに答え、その時に写真が掲載された。

スクリーンショット 2016-07-30 18.53.32

 

山本圭一の不祥事として当時のマスメディアが報じたのはこのような流れであった。

そして、その10年後の2016年7月30日にめちゃイケ復帰となった。

今後、山本圭一がどうなっていくのか、世間からの注目が集まっている。

 

関連記事はこちら

極楽とんぼ・山本圭一の現在。めちゃイケで復帰も被害者ブチギレへ・・・(被害少女の写真あり)

山本圭一がめちゃイケに復帰!番組内で山本が土下座【画像あり】