【失踪事件の裏話】田野岡大和くんは遭難じゃなかった!「誰かが保護していた」可能性が浮上!行方不明事件の真相究明へ


行方不明になってから1週間後に保護された田野岡大和くん。

日本中が無事でよかったと大絶賛だと思います。

しかし、この事件は不可解な点が多いことでも話題になっています。

失踪事件の真相が明らかになりつつあり、

実は遭難ではなかったと話題になっています。



スポンサーリンク

失踪事件は遭難じゃなかった?

ただ線路沿いに歩いてお泊まりしただけの模様

 

no title

大和君(7歳)のスペック

・たった5分~10分で親父を煙に巻き、姿を隠す

・サバイバル5日間のうち、3日間は大雨&雷雨

・気温7度のなか5日間もTシャツ一丁で駒ケ岳山麓を横断

・その間、警察、消防、自衛隊の捜索をもかいくぐる

・置き去り場所から自衛隊駐屯地まで橋のない川が3つ

・峠すら越し、真逆の自衛隊駐屯地に出現

・匂いを完全に消し警察犬を煙に巻く

・自衛隊駐屯地の鍵のかかった小屋の内側から出現


1 2 3 4

footer-image