【失踪事件の裏話】田野岡大和くんは遭難じゃなかった!「誰かが保護していた」可能性が浮上!行方不明事件の真相究明へ

行方不明になってから1週間後に保護された田野岡大和くん。

日本中が無事でよかったと大絶賛だと思います。

しかし、この事件は不可解な点が多いことでも話題になっています。

失踪事件の真相が明らかになりつつあり、

実は遭難ではなかったと話題になっています。



スポンサーリンク



失踪事件は遭難じゃなかった?

ただ線路沿いに歩いてお泊まりしただけの模様

 

no title

大和君(7歳)のスペック

・たった5分~10分で親父を煙に巻き、姿を隠す

・サバイバル5日間のうち、3日間は大雨&雷雨

・気温7度のなか5日間もTシャツ一丁で駒ケ岳山麓を横断

・その間、警察、消防、自衛隊の捜索をもかいくぐる

・置き去り場所から自衛隊駐屯地まで橋のない川が3つ

・峠すら越し、真逆の自衛隊駐屯地に出現

・匂いを完全に消し警察犬を煙に巻く

・自衛隊駐屯地の鍵のかかった小屋の内側から出現

北海道七飯町の山林で6日前の先月28日から行方がわからなくなっていた田野岡大和君(7)が、
3日午前8時前、行方不明になった現場からおよそ5キロ離れた
自衛隊の演習場内にある建物で無事保護されました。
北海道七飯町の山林でしつけとして両親に置き去りにされ、
行方がわからなくなっていた小学2年生の田野岡大和君(7)。
事態は3日朝、突然動きました。
3日午前7時50分ごろ、大和君は、行方不明になった山林から
およそ5キロ離れた陸上自衛隊の駒ヶ岳演習場で無事保護されました。
自衛隊員が打ち合わせのため建物の扉を開けたところ、
男の子がいて、「大和君?」と声をかけたところ、
「うん」と答えたと言います。
このお父さん人を殺しそうな人間に見えなかったもんな~
・・・
熱い手のひら返し続出中らしいですね。

誰かが保護していた可能性

注目を集めている点のひとつは、

「28日から(陸自宿舎に)いた」という大和君証言と、

「30日の点検時に、誰の姿も見えなかった」
とする陸自の説明の「矛盾」だ。

見落としや、一時的に宿舎を離れていた可能性も考えられるが、

「なぜ30日の時点で発見されなかったのか」は、ひとつの謎だ。

捜索範囲の問題では、発見された陸自施設は「想定外」だったとして探していなかった。

このため、捜索の範囲設定が適切だったのか、と批判や疑問の声が出ている。

一方で、「子供が険しい山道に入っていくはずがない」という、

捜索のプロたちの「想定」を超える行動を取ったことになる大和君の足取りに不自然さを感じる人もいる。

朝日新聞4日付朝刊によると、「(大和君が施設へ)どうやって来たのかは、はっきりしていない」。

また、1週間近くも「水だけ」で生き延びた状況ながら、自分で歩けるなど比較的元気なことにも驚きの声が出ている。
大和君が搬送された市立函館病院の医師は3日の会見で「7日間頑張った割に、

非常にしっかりしていると思います」と述べていた。

他にも、なぜ1週間近くも陸自施設から動いて助けを求めようとしなかったのか、

逆に「遭難時に動かない」原則を知っていたのだとすると、

なぜ親が「置き去り」現場へ「約5分後」に戻った時、その場にいなかったのか、

といった疑問を呈する人もいる。

「推理」を披露する人も

「誰かが保護してたんだろ。虐待を疑って帰さないでいるうちに出るに出れなくなったんじゃないかな」

といった「推理」も寄せられた。

発見前ではあるが、5月31日放送の「あさチャン!」(TBS系)では、

神奈川県警の元刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は、

「たまたま通りかかった人が、子供が泣いているのを見つけ保護して、早く連絡してあげようと思っているところに大捜索が始まった。

ここで自分が名乗り出ると誘拐犯人と思われるかもしれないと、

本当のことを言えなくなったということも考えられます。

その線が強いかなという気がします」

と分析していた。

無事に保護されてホッとしていますが

不可解な点が多いのが気になります。

海外でも話題に

 

イギリスのBBC

 

「男児、生きて発見」海外メディアも異例の速報

 

イギリスのBBCは、日本時間の3日午前9時10分すぎに

「両親によって森に残されたとされる男の子が生きて発見された」

と速報として伝えました。

イギリスでは男の子が行方不明になってから

新聞やテレビなどで連日、報道されていました。

 

また、アメリカの有力紙「ワシントン・ポスト」も

東京発の記事で伝えています。

記事では、男の子が比較的健康な状態で見つかったことや

自衛隊などが6日間にわたって大規模な捜索を行っていたことなどにも触れています。

 

このほかにもアメリカのCNNやAP通信、フランスのAFP通信も伝えています。

 

こうしてみると、今回の事件は海外からも注目されていて、

さらに、全世界の人たちが、

大和君の無事保護」のニュースを待ちわびていたのだという事がわかる。

まだまだ、人間はまんざら悪くはない・・・

と感動もありました。

 

とにかく、発見されて良かった!
日本中が、無事で良かった、無事で良かったの大絶賛だろう。

 

しかも、自衛隊に発見されたのも幸運だったのではないか。
おなかが空いていたというので、自衛隊の方が持っていた
おにぎりをあげたとの事。

 

人ごとではなく、ほんとにホット胸をおろした人も多いはずです。


スポンサーリンク