児童虐待をしていたヤンキー夫婦の実態。2歳の娘を衰弱死寸前まで放置!

社会問題となっている児童虐待
今度は2歳の娘を衰弱死寸前まで放置という悲しい事件が起きた。
今回はどうしようもないヤンキー夫婦の実態をまとめました。


スポンサーリンク



児童虐待事件が発生!その実態。

福岡で児童虐待事件が起こりました。

 

2歳の娘に7か月間もロクに食事を与えずに、

衰弱死寸前まで追い込んだ

山田祐太・楓容疑者(24)が保護責任者遺棄致傷の疑いで

逮捕したと報じられたのです。

 

可愛いはずの子供をなぜ虐待したのか?

経緯と発覚までの詳細が明らかになりました。

 

事件の概要

半年以上にわたって同居する2歳の娘に

十分な食事を与えずに衰弱させたとして

北九州市の夫婦が逮捕されました。

 

 

事件が発覚のは

 

「やせ細った子供がいて心配だ」

 

との電話が児童相談所に寄せられたからです。

 

職員が自宅を訪問したところ

やせ細って弱った子供が通報通りに発見され

すぐさま病院に搬送されました。

 

子供の体重は年齢平均の半分以下の5.1kgだった事で

あやうく衰弱死寸前の状態であったといいます。

 

gyakutai17

 

しかし、

容疑者の山田夫妻が

十分な回復を待たないまま退院させようとしたため

児童相談所から警察に通報し

今回の逮捕に繋がりました。


スポンサーリンク



山田夫妻は容疑を否認

山田夫妻は

 

「 虐待はしていない。逮捕は納得できない 」

「 ちゃんと食事を与えていた 」

 

と言うように容疑を否認しています。

 

子供の体重から十分な量の食事を与えていなかったのは

明らかであるため、動機や経緯について

引き続き取り調べが行われるようです。

 

img_7534

 

虐待死が増えてきている昨今で、

ネット上では死亡する前に発見できたのが

不幸中の幸いだったと言う声が多く寄せられています。

 

実際に衰弱死した事例も

大阪府で3才の女児が餓死した事例もあります。

 

3才の女児に食事を与えず衰弱死させた容疑で

父親の岸本友希(22)と妻で母親の19歳の女が

逮捕された事件。

 

死亡した女児は体重8kgで3歳児の平均の約半分しかなく

骨と皮だけの状態だったそうです。

 

胃の中は空っぽで腸には

空腹を紛らわすために食べたと思われる

ロウやアルミ箔やタマネギの皮が残っていました。

 

逮捕された2人は好き嫌いが激しかったから

低栄養状態になったと容疑を否認しています。

 

なお、

妻は女児死亡の翌月に次男を出産しています。

 

死亡した女児は

筋力の発達が遅れる先天性ミオパチーという病気でした。

 

健康ですくすく育つ長男と比べ、

手が掛かる病気の長女。

 

育児のイライラが憎悪に変わり

歯止めが利かなくなったというところでしょうか。

 

とはいえ

ひもじくて食べ物を懇願したり泣いたりしたでしょう。

 

そうして衰弱して行く3歳の子供を放置できるというのは、

どれほどの心の闇なのか全く理解できません。

ネットの反応

・これが修羅の子育て

 

・子どもがやせ細ってるのを見るのは耐え難い

特に子ども好きでなくてもそうじゃないのか

ネコでも人間の赤ん坊を保護しようとすることがあるのに

 

・酷すぎる

俺も八ヶ月の娘がいるが 可愛すぎて虐待なんてできん

マジで泣けてくるな

 

・ガリガリの娘が発見されてるのに何で否認するんだろう

病気だったなら病院に連れていかなかったということで

やっぱり保護責任者遺棄だろうな

 

育児に対して真面目に取り組まない

子供に愛情を注げないような

無責任な親が増えており社会問題となっています。

 

こういう親にはなりたくないものですね。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 娘に性的虐待を200回以上加えた父親。世間にバレた理由がヤバすぎた

 

⇒ 保育施設での幼児虐待が相次ぐ・・・ありえないと話題に・・・