吉田沙保里を倒したマルーリスが衝撃発言w「沙保里は私の英雄」

81ceb718-s

リオオリンピックで吉田沙保里選手が敗北し銀メダル。

しかし不思議な光景だったのは勝者も敗者も

うずくまって涙している光景でした。

そこには並々ならぬ思いがありました。


スポンサーリンク



沙保里は私の英雄

勝利の瞬間、

マルーリスは顔を両手で覆い、マットに突っ伏した。

 

第2ピリオドに吉田を押し込み、4ポイントを奪って逆転。

米国女子レスリング史上、初の金メダリストになった。

 

2015年に世界選手権55キロ級を初制覇したが、

吉田は53キロ級へ移った後。

 

リオで吉田と戦うため、自身も階級を下げた。

 

「大好きなスイーツを我慢して、

他の人のようにファストフード店や

コーヒーショップにも行けなかった」。

体脂肪は10%以上落ちたという。
2b4edeb7e4f18f9813a19c4c0c0d550d-400x256

images

 

「沙保里は栄誉あるレスラーで、私の英雄」。

 

憧れの相手を下し、

試合後も、表彰式でも、喜びより感極まった。

 

そんな24歳は記者会見で過酷な減量を振り返り、言った。

 

「今はアップルパイが食べたい。

チョコレートに、パンケーキ、アイスクリームも……」。

ようやく、笑顔がはじけた。

審判もマルーリスも吉田も泣いた

吉田沙保里を倒すのに

世界はルールを変えて手段も変えて12年間かかり

そして倒したのはかつて吉田に憧れてレスリングを続けて

吉田が若い頃に打倒した宿敵(山本聖子)の弟子となったヤンキーだった。

 

アメリカ初の金メダル、ヘレン・マルーリス選手24歳は、

12歳の時にアテネ五輪で吉田沙保里選手を見て、

レスリングをやめさせようとする両親を説得し続けることができた。

この12年、吉田選手は世界中にレスリングを広め、

少女の夢を応援したのだ

 

no title

no title

no title

伝説の勇者が世界救えなかったみたいになってるw

 

吉田から逃げ回るんじゃなくて、

わざわざ吉田に階級合わせてきたのか。

すげえ女がいるもんだなあ

そりゃ、覚悟が違うと思いますし、

これだけリスペクトしてくれてる相手で良かったと思う。

元コーチは山本聖子

no title

 

綺麗な世代交代?

吉田沙保里を避けて58キロ級に転向した伊調、

伊調を避けて62キロ級に転向した川井、

小さい頃から吉田に憧れてタックルを磨いた登坂と土性。

 

吉田選手の影響を色濃く受けた日本人4人が金メダル。

 

そして吉田を目標にし続けたマルーリスが吉田を破り金。

吉田選手の偉大さが解る五輪だった。


スポンサーリンク