【本当にあった怖い話】指切り村という堕ちた人たちの集落

恐怖


その村の中ではなぜか手足のどこかが欠損していたり

目が片方なくなったり…という村人が続出して…

祟りか、呪いなのか。驚愕のその理由とは。

「ゆびきりむら」の話

今から二十年以上昔に紹介された事件です。

 

昭和五十年代にその事件は起こった。

九州のとある炭鉱で栄えた村。

時は経ち鉱山が閉鎖されてすっかりさびれた村。

 

そこで、一人の男が農作業中に誤って

草刈り機で自分の足の指を切断してしまった。

 

これだけなら日常の範疇でよくありがちな話なのだが、

この出来事を境に急にこの村では、

不思議と村人達の手足の欠損事故が頻発するようになった。

 

何かの祟りだ

文字通り異常としか言い様の無い頻度で


1 2 3