国際女優として活躍中の裕木奈江。芸能界で干された過去が悲惨すぎ…


1990年代に女優として活動しながら、アイドル的な人気を博した裕木奈江さん。

最近は海外映画に出演し、国際女優として活躍していますが、芸能界から干された過去が悲しすぎました…。

干された過去とは?

日本や海外で国際女優として活躍している裕木奈江さん。

1990年代に女優として活躍し、テレビやCMなどにも多数出演し、アイドル的な存在であった裕木さんですが、ある時期から突然メディアから消えてしまいました。

裕木さんを知っていた方は「なぜ?」と思った方も多いのではないでしょうか?

しかしテレビ関係者によると、裕木さんは以前から同性からの評判は良くなかったと言われていたようです。

同性の視聴者の具体的なバッシングとしては…

ぶりっ子
媚を売っている
女性から嫌われているタレント1位

などと激しいバッシングもあったようで、徐々に出演が減りテレビから消えていきました。

しかし実はそのバッシングとは関係なく、とある芸能人から干されてしまったという噂もありました。

芸能界は廃り流行りが激しいですから、以前大活躍していたおのののかさんも最近は干されてしまったようです…。

その原因とは?

裕木さんが芸能界から干された騒動には、プロデューサーの秋元康さんが大きく関わっているようです。

というのも、裕木さんの人気に火がついた連続ドラマ「ポケベルが鳴らなくて」を企画をしたのが秋元さんなのです。

秋元さんは裕木さんのことを大変気に入っていたようなのですが、秋元さんが裕木さんに関係を迫り、断られてしまったことが干された原因ではないかと考えられています。

その後秋元さんの力で、ドラマの主題歌を裕木さんが歌うはずだったのにもかかわらず、別の歌手が歌うことになったり、裕木さんの悪口を業界関係者に広めていたという噂がありました。

これはさすがにひどいですよね…。

しかしこのバッシングに対して、裕木さんは…

バッシングを気にしているヒマがなかった

とバッシングをはねのけるコメントをしていました。

このような騒動を耳にすると、本当に芸能界は厳しい世界だと感じますね…。

現在は国際女優として活躍

裕木さんは現在、放送中の新作「ツイン・ピークス」で、目が見えない謎の女性をミステリアスに演じていました。

それ以外にも裕木さんは「インランド・エンパイア」、「硫黄島からの手紙」、「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」など頻繁に海外の作品に出演しています。

海外の活動について裕木さんは…

デビューしてから、『学校』で山田洋次監督と出会ったり、「北の国から」シリーズに出させていただいたり、仕事運はすごく良いんです。
L.A.に行っても、相変わらず恵まれていて、リンチ監督の作品に絶対出たいと思っていたら本当に叶った。
特に「ツイン・ピークス」は憧れでしたから、そのチームの一員になれたことがとにかく夢のようで

と語っていました。

今後の裕木さんの活動にますます期待ですね!